大人の小遣い制は今すぐ廃止しよう

  1. お金
  2. 487 view

結婚するとお小遣い制にする家庭は多い。でも、大人のお小遣い制は百害あって一利なしなので、今すぐにでも廃止すべきです。

理由はこちら。

  • 働く意欲がわかない
  • 自分に必要なモノ・コトにお金が使えない
  • 付き合いが悪くなり、人間関係が狭くなる
  • 男としてショボくれてくる

大人のお小遣いの平均は30,000円-40,000円/月ほどで、半数が昼食代込みとのことです。そうなると、実質自分の好きなことに回せるお金は高校生よりも少ないことになります。そう、世の中の既婚者男性は中学生並みのお金しか持っていないというのが事実です。

旦那のお小遣いの平均金額相場は?夫と妻でどのくらい違う?|株式会社UOCCのプレスリリース

そんな大人に何ができるのか?何もできませんよ。

ゲームのガチャに5000円課金して終わりという旦那もいると聞きますが、使いみちがゲームじゃなかったとしても男としてショボクレてくることには逃れようがありません。そんな親父がカッコよく仕事できますか?外で戦えますか?いとも簡単に独身組に負けますよ。

人間のスケールが小さくなったら、「おもしろいことやろう」というモチベーションにも繋がっていかないです。人間力のない人が増えれば、国力にも影響します。良いことが一つもないんです。

ところで、小遣い制にしている人になぜそんなことをやっているのかと聞くと「俺が持ってると使っちゃうから」「妻に管理してもらった方がいい」という答えが返ってきます。ダメです、絶対。本当に家族を想う気持ちがあるなら、自分でお金を管理し、必要なところに使い、もっと稼げるようにすることです。

大人の小遣い制は今すぐ廃止し、カッコいい親父を世の中に増やしましょう。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」を無料公開

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

冬の時代にはキャッシュが活きてくる

企業の内部留保が近年問題になっていたわけです。大企業の多くは利益を溜め込むばかりで、投資もしないし関係者にも還元しない。だから社会に回るお金が少なくなって、デフレが収まら…

投資とビジネスはどちらが収益率が高いか

本業をそっちのけにして投資や資産運用にハマる経営者を私はたくさん見てきました。でも、そういう経営者はたいていその後本業がコケるんですよね。投資の方も会社の屋台骨を支えるほ…

信用経済は本当に来るのか?

最近、巷でよく聞くようになった「評価経済」という言葉。「信用経済」とも言うらしいです。昨今流行っている「オンラインサロン」の先駆者でもある岡田斗司夫さんが恐らく最初に(?…

資産がどれくらいあれば安心できるのか

昔、経営者なら月100万円の利益(役員報酬を含める)じゃ少ないよ、と言われたことがあります。それは確かにそうです。社会保険料や税金も引かれるし、サラリーマンと違って来月も…

老後までに2,000万円を貯めた方がいいのか

老後の資金としておよそ2000万円が必要になる、とする金融庁の報告書で世間がざわついているようですね。楽して稼ごう系の投資とかにまた利用されるんでしょうか。・「老…

仕事の報酬は仕事

仕事の報酬はお金だと多くの人は考えます。その場合、お金以外のものは手に入りにくくなります。喜びや成長といったものはない。深まることもない。それ以上でも以下でもない…