資本金を55,555,555円に増資しました。

  1. 経営・起業
  2. 512 view

昨年末、私が経営する株式会社デザインプラスという会社の資本金を1円から55,555,555円にしました。以前から税理士から指摘されていたことでして、1円のままだと企業の信用力の点で損をすることがあるようです。デザインプラス社は無借金経営なのでお金を借りたり投資を受けたりすることは今後も選択肢として考えにくいです。だから、資本金の大小など関係ないことなのですが、資本金だけで判断されることも多いのがこの世の中。資本金を上げて表面上の見た目を良くしてみました。

ちなみに、なぜゾロ目にしたかというと特に意味はありません。5は自分のクルマのナンバーから取りました。単なる遊びです。あと9桁にすると(1億円を超えると)税制が変わるらしいので、8桁に収めました。増資額は税理士と話す中でものの数分で決まったことです。

ただ、この資本金問題。話を聞くほどどうでもいい話に思えるんですよね。別に10億円だろうと1円だろうとやってることは同じです。1円でもいい仕事をするところはあるし、10億円でもどうしようもない仕事しかしない企業はたくさんある。資本金が大きいからと言って、信用力に繋がるというのも変な話です。

また、資本金が大きいから資金力があるわけでもない。従業員数にしても同じですが、スタートアップが創業当初から億を超える資金を集めていたり、従業員も100人とかを最初に雇っちゃうわけですが、先行投資が大きい分、財政面ではいつ潰れてもおかしくない状況だったりする。

資本金を大きくすると表面上の見た目はよくなりますが、見た目ばかり良くして中身が伴わないと本末転倒。見た目をよくする為に六本木とかで飲食店を経営したり、田舎にゲストハウス作ってみたり、自社ビルを買ってみたりと本業と全然関係ないことを始める経営者も多く、それが本業を圧迫し、とうとう金策に走ってサービスの質を落としたりしている。そういう経営者をたくさん見てきたわけです。

だから、私は本業以外のところで見た目をよくすることに興味がないんですよね。今回、資本金を上げたのもデメリットがほとんどなかったからです。実費+司法書士への報酬だけですからね。それで見た目を良くなるなら、まぁやってみようかという程度です。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。25歳で個人事業主、2010年から株式会社デザインプラス代表。
WordPressテーマTCDを運営しながら、ブログやメルマガで好き放題書いて暮らしてます。

記事一覧

関連記事

リモートワークのメリット(企業側)

新型コロナウィルスで様々なイベントが中止される中、リモートワーク(テレワーク)を採用する企業も続々と出てきましたね。GMOや電通といった大企業が全社員在宅勤務としたり、こ…

  • 571 view

起業の最適なタイミング

「今はコロナで大変な時期なので起業しない方がいい」という声が聞かれるようになりました。多くの業種で売上が減っているし、成長しているところは一部だから今起業するのはリスクが…

  • 138 view

企業理念がチームに与える影響

企業理念なんてどうでもいいと考えている経営者は少なくありません。その為、たいていのコーポレートサイトではありきたりなメッセージしか書かれていないわけです。企業が向かうとこ…

  • 558 view

大企業の無駄から見る日本企業の実態

日本の一般的な企業には無駄がたくさんあるわけです。特に大企業はその象徴だと思います。これまで聞いた話によるとこういうことはたいていの大企業に当てはまるようですね。…

  • 360 view