何もしてないやつより全人生をかけて失敗したやつの方がずっとマシだ

  1. お金
  2. 588 view

映画「闇金ウシジマくん」の三作目に『フリーエージェントくん』というものがあります。これは与沢翼氏をモデルにした作品で、作中に出てくるモデル与沢氏と思われる人物の弟子が当作品の中心人物として描かれています。この回でウシジマくんがおもしろい名言を残していたので、今回はそれについてご紹介します。

まず映画のストーリーは、弟子が何者かになりたい一心でお金儲けに目覚めるところから始まります。彼はモデル与沢氏と出会い、マルチ商法を使った情報商材販売を始めます。そして、がむしゃらにやることで経済的な成功を収めるわけです。ただ、こういうビジネスは成功すればするほど、騙される人も雪だるま式に増えていく構造になっています。必ず崩壊が待っているのです。そして、案の定お金も彼女も失ってしまうわけです。

ここまでは、やっぱり人を騙したら天罰が下るんだよなー、というありがちなストーリーなのですが、最後にうしじまくんはうなだれる弟子に向かって次の言葉をかけます。

「自分の全人生を賭けて勝負したんだろ?
すげーじゃねぇか。なんもしてねぇーやつよりよっぽどマシだ。」

そうなんですよね。人生は熱をどれくらい持ったかだと思うんですよ。自分が情熱を燃やした分だけ、その時間は充実する。人生をふと振り返ってみた時、そうした時間を思い起こすことはやっぱり気持ちが良いわけです。

また、最初から斜に構えたり諦めたりしていれば、そこから何かを学び取ることもできないんですね。けれども、自分と常に戦っている人は、仮にそれが失敗に終わろうとも失敗ではないんですよ。大きな収穫がその人の中に残るということなんです。だから、何にもしてないやつよりもずっとマシだというのは真理ですね。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」が無料で使える

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

関連記事

お金が欲しいと言えない大人が増えている

お金って大切なものですよね。これって小学生でも分かることだと思うんですよ。子供にお年玉をあげると、すぐに中身を確認したりして飛び跳ねて喜ぶわけです。試しに「お金好きなの?…

  • 237 view

自分の「最高の状態」を作るための投資

私が1人か2人で会社を経営していた7,8年前は月商で200〜900万円ほどはあったわけです。今は組織でビジネスをやるようになり、人数も売上規模も10倍以上に成長したわけで…

  • 162 view

信用経済は本当に来るのか?

最近、巷でよく聞くようになった「評価経済」という言葉。「信用経済」とも言うらしいです。昨今流行っている「オンラインサロン」の先駆者でもある岡田斗司夫さんが恐らく最初に(?…

  • 1576 view

冬の時代にはキャッシュが活きてくる

企業の内部留保が近年問題になっていたわけです。大企業の多くは利益を溜め込むばかりで、投資もしないし関係者にも還元しない。だから社会に回るお金が少なくなって、デフレが収まら…

  • 81 view

資産がどれくらいあれば安心できるのか

昔、経営者なら月100万円の利益(役員報酬を含める)じゃ少ないよ、と言われたことがあります。それは確かにそうです。社会保険料や税金も引かれるし、サラリーマンと違って来月も…

  • 218 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。