個人のマイカーリースは損しかない話

  1. お金
  2. 449 view

近年はカーローンではなくカーリースが増えているらしい。しかも増えているのが法人ならまだわかるものの、個人のカーリースの方が急増しているんだとか。

・個人向けオートリース保有台数、4年後には3.6倍の93万6000台に 矢野経済予測
https://response.jp/article/2018/08/06/312825.html
・【経済インサイド】個人向けカーリース活況 「若者の車離れ」にブレーキかかるか
https://www.sankei.com/premium/news/180808/prm1808080001-n1.html

法人のカーリースならまだ話はわかるんです(私は一括払いを勧めますが)。総支払額では損をしますが、支払額全てを経費にしながら手元にお金が残せる。ビジネスを成長させていく上で、広告費や開発費、人件費といった手元のお金が必要になります。だから、その為のお金を手元に置くためにあえてリースにすると。これは会社に資金力がない場合にはありだと思います。

でも、個人のカーリースとなると話は別です。もはや何のメリットもないんですよね。月々安く新車が乗り換えられると言っても、総支払い額は増えるは自由度は制限されるはでお金のない人が手を出すと火だるまになって帰ってくることはたやすく予想できます。こちらに個人のカーリースのデメリットについては詳しい説明がありました。

・カーリースはデメリットだらけ。巧妙なカラクリの罠とは?
https://www.lineup-car.com/blog/6408.html

ユーザーが何も得しない点でリボ払いや35年ローンなんかと同じ括りに出来るんじゃないかと思いますね。

これは余談ですが、出来ることならどんなものでも一括で買う方が気持ちがいいですよね。もしローンを組むにしても、極力短い期間に設定したり後で一括返済したり。なぜなら、後腐れがないからです。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。2007年に独立、会社を2社経営。
WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

評価経済は本当に来るのか?

最近、巷でよく聞くようになった「評価経済」という言葉。「信用経済」とも言うらしいです。昨今流行っている「オンラインサロン」の先駆者でもある岡田斗司夫さんが恐らく最初に(?…

  • 1358 view

お金を稼ぐ過程で知る楽しさ

10代20代の頃の私はお金を増やすことに夢中でした。自分ではこの理由を「お金が好きだったから」「お金持ちになりたかったから」ということで長い間片付けていたのですが、今はそ…

  • 92 view

「あり金は全部使え」論について

「あり金を全部使え」という人が最近増えています。本稿ではそれについて考察してみたいと思います。やりたいことをやりたくてもお金がなければ出来ないことはたくさんありま…

  • 108 view

自家用車は本当に「負債」か?

金持ち父さんに言わせれば、自分にお金を運んでくるものは資産、お金が逃げていくものは負債という定義です。そのため、自宅や車などは負債に当たるわけです。この発想は若い頃の私に…

  • 60 view

「保険」について考えてみました。

生活に身近な保険についてのお話しです。保険は元々はギャンブルから派生したものだと言われています。大航海時代に航海の成功・失敗などに賭け、次第に保険の形が出来上がっていった…

  • 158 view