個人のマイカーリースは損しかない話

  1. お金
  2. 897 view

近年はカーローンではなくカーリースが増えているらしい。しかも増えているのが法人ならまだわかるものの、個人のカーリースの方が急増しているんだとか。

・個人向けオートリース保有台数、4年後には3.6倍の93万6000台に 矢野経済予測
https://response.jp/article/2018/08/06/312825.html
・【経済インサイド】個人向けカーリース活況 「若者の車離れ」にブレーキかかるか
https://www.sankei.com/premium/news/180808/prm1808080001-n1.html

法人のカーリースならまだ話はわかるんです(私は一括払いを勧めますが)。総支払額では損をしますが、支払額全てを経費にしながら手元にお金が残せる。ビジネスを成長させていく上で、広告費や開発費、人件費といった手元のお金が必要になります。だから、その為のお金を手元に置くためにあえてリースにすると。これは会社に資金力がない場合にはありだと思います。

でも、個人のカーリースとなると話は別です。もはや何のメリットもないんですよね。月々安く新車が乗り換えられると言っても、総支払い額は増えるは自由度は制限されるはでお金のない人が手を出すと火だるまになって帰ってくることはたやすく予想できます。こちらに個人のカーリースのデメリットについては詳しい説明がありました。

・カーリースはデメリットだらけ。巧妙なカラクリの罠とは?
https://www.lineup-car.com/blog/6408.html

ユーザーが何も得しない点でリボ払いや35年ローンなんかと同じ括りに出来るんじゃないかと思いますね。

これは余談ですが、出来ることならどんなものでも一括で買う方が気持ちがいいですよね。もしローンを組むにしても、極力短い期間に設定したり後で一括返済したり。なぜなら、後腐れがないからです。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」を無料公開

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

関連記事

有益な節税・無駄な節税

私は会社を経営していますが、節税に興味がありません。というか、大半の節税対策は期待するほど節税効果がなかったりグレーゾーンだったりするため、興味を持っても仕方がないという…

  • 95 view

自家用車は本当に「負債」か?

金持ち父さんに言わせれば、自分にお金を運んでくるものは資産、お金が逃げていくものは負債という定義です。そのため、自宅や車などは負債に当たるわけです。この発想は若い頃の私に…

  • 1064 view

物欲や性欲は創造の原動力

野生動物にとって「食べる」ことは命がけです。あの百獣の王ライオンでさえ、水牛やカバを襲って命を落とすことがある。草食動物も同じで、肉食動物がいる危険なジャングルや荒野を大…

  • 4225 view

銀行に預けるよりマシな投資先とは?

「銀行に預けておくよりはマシ」ということで株とか買ったり人は多いわけです。「お金に働かせる」と言ってね。でも、私はあんまり儲からないと思ってるわけですよ。なぜなら、投資で…

  • 308 view

多くの人が知らない保険の本質

現代では多くの人が当然のように加入する保険。生命保険や医療保険、学資保険、車両保険など生活のいたる所に浸透しているわけです。また、法人においても節税型保険は利益の出ている…

  • 1850 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。