オフィス解約ラッシュの日は近い。

  1. 世の中
  2. 201 view

じわじわとオフィス解約ラッシュの足音が近づいているようです。

・新型コロナ:パーソル総研、在宅勤務化でオフィス面積2割減へ  :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61504400U0A710C2916M00/
・富士通、オフィス面積半減 在宅勤務前提でコスト減 :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61133420T00C20A7MM8000/
・ぐるなび本社、オフィス面積4割減 全勤務日を在宅に :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61925830W0A720C2TJC000/

このサイトでも何度もオフィスが無駄だという話は何度もしてきました。コロナ前からずっと言っているんですよね。。。オフィスやそこに紐付いている固定費を削ぎ落とすことで、本来必要な投資ができるようになる。オフィス解約にいち早く踏み出した企業は、競争力を獲得します。

既存の形態のオフィスがなくなれば、オフィスがもっと楽しくなると思っています。新しい場所が生まれてくることでしょう。

オフィスの解約ラッシュが本格的に始まれば、オフィス街はもちろん界隈の商業地の地価にも影響します。その時、一体何が生まれるかが楽しみなところではあります。地殻変動がまさに起きていますね。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」が無料で使える

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

ただのプログラムをAIと呼ぶ現象

世の中的には「AIブーム」です。AIで何でもできる世の中が来ると思っている人も多い。AIとは、厚生労働省のホームページによると次のように説明されています。…

資本主義は椅子取りゲーム

現代の資本主義は椅子取りゲームです。常に誰かが居場所を失わなければならないルールなのです。要因は様々です。再分配も要因のひとつ。ですが、根本的な要因は金利がこの世…