(映画)Aiと恋する映画「her/世界でひとつの彼女 」

  1. 世の中
  2. 249 view

「her/世界でひとつの彼女」を見ました。ヒトとAiの恋愛を描いたストーリーで2014年公開の映画。

まるで人間以上に感情が豊かであるかのように見えるAi。その感情は本物なのか、プログラムされたものなのか、Aiに恋する主人公はそんな感情のはざまで揺れ動きます。

おもしろいエピソードがありました。
未来の世界では、「手紙代筆ライター」という仕事があるんですね。これは大事な人に綴る手紙を内容から考えて代筆する仕事。嘘くさい仕事ですが、これがしっかりした仕事になっている。

メルマガでも何度か書いてますけど、こういうのを見ると「人は機械に近づき、機械は人間に近づく」というのは着々と進んでいそうな気はします。

人は合理性を重視、理屈でしか判断できないようになる。一方の機械は人間の感情を学習していくと。人間と機械の感情レベルが同じくらいになった時、Herのような恋愛も成立するのかもと思いました。

だから、この映画をつくった監督は、恋愛映画に見せかけといてこっそりホラー的なメッセージを放り込んだと私は思ってるんですよね。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」が無料で使える

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

ハウスメーカーの建てた家はオモチャの家

ハウスメーカーが建てた建売・注文住宅は飽きが早い。なぜなら、住む人訪れる人の心地よさ、景観として見たときに人がどう感じるかの感覚的要素が抜け落ちているからです。ただ機能が…

ただのプログラムをAIと呼ぶ現象

世の中的には「AIブーム」です。AIで何でもできる世の中が来ると思っている人も多い。AIとは、厚生労働省のホームページによると次のように説明されています。…

パターン解析と自分の直感を照らし合わす

世の中にはなぜこんな人が成功しているのかと首をかしげたくなる人がたくさんいます。例えば、怪しい情報商材を売っているのに六本木のタワマンに住んでいるとかね。で、そう…

子供は親の道具ではない

少し前に起きた名古屋北区の事件で、父親が自分の息子を勉強を巡って殺す事件がありましたよね。こういうのはホント意味がわからないですね。亡くなった子供がどう感じ、生きたかを思…