Aiと恋する映画「her」を見た感想

  1. 世の中
  2. 37 view

「her/世界でひとつの彼女」を見ました。ヒトとAiの恋愛を描いたストーリーで2014年公開の映画です。素敵な話です。ただ、これからの時代において考えさせられるテーマでもありました。

まるで人間以上に感情が豊かであるかのように見えるAi。その感情は本物なのか、プログラミングで作られたものなのか。そんな疑問を投げかけてきます。

一方で、主人公のセオドアはハートフルレター社に勤める手紙代筆ライター。大事な人への思いを綴る手紙を依頼されて代筆しているわけです。クライアントはプロポーズや復縁の手紙をプロのライターにお願いするわけですね。端的に言えば、大事な人を言葉で騙る行為です。しかし、近未来では人を幸福にする職業かのように描かれています。

こういうのを見ると、メルマガでも何度か書いていることですが、人は感情を失っていき、Aiは感情を持つようになると感じますね。人はどんどん合理性を重視し、理屈でしか思考できないようになる。中身が「得か損か」の二元軸だけに痩せ細っていく。一方で、コンピューターは人に近づくために「感情」というものをロジカルに学習していく。いずれ人間とコンピューターの感情ステージが同程度になった時に、人とAiの恋愛も実現するかもしれません。

そう言えば最近は「家族がサンクコスト」と言い切る人も出てくるようになりました。これなどはその典型で、人と恋愛するよりもAiとの方がずっとコスパが良いという話になります。これからは人を包み込むようなゴッドファーザーみたいなお父さんではなく、家族や結婚を経費と考えて「どっちが得か」ばかり考えるお父さんばかりになるかもしれません。まさに「FAKE」の世界です。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

大阪生まれ。株式会社デザインプラス代表。WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

子供は親の道具ではない

少し前に起きた名古屋北区の事件で、父親が自分の息子を勉強を巡って殺す事件がありましたよね。こういうのはホント意味がわからないですね。亡くなった子供がどう感じ、生きたかを思…

  • 48 view