コロナ関連倒産ニュースはまだ序章に過ぎない

  1. 世の中
  2. 42 view

コロナ関連倒産のニュースが毎日のように流れてくるようになりました。しかし、これらは序章に過ぎないと私は考えています。なぜなら、東京商工リサーチの発表を見ても、今倒産している企業はコロナ前から業績が悪かったところばかりだからです。すでに業績赤字で資金繰りに困っていたところで、コロナによって再建不可を突きつけられたと。つまりいずれ倒産する運命にあったところが少し早まったに過ぎないのです。これを私は「諦め(あきらめ)倒産」と呼んでいます。

・「新型コロナウイルス」関連倒産状況【4月21日17:00 現在】 : 東京商工リサーチ
https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20200421_03.html

3月4月は「諦め倒産」が大半を占めていました。5月も半ばくらいまでは続くでしょう。しかし、おそらく6月頃からフェーズが変わってくると思われます。コロナ前は業績が安定していた企業の倒産事例が増えてくるのです。

また、業種の幅も広がります。3月4月は観光と飲食の倒産が多かったですが、これからは小売、製造、建設が本格的に危うくなってくる。この流れが加速するにつれ、金融が不安定化していきますので、年内に地方銀行の破綻・吸収合併も起きるかもしれませんね。

それとすべての企業が東京商工リサーチや帝国データバンクに登録しているわけではありません。小さな商店や飲食店は登録してないところも多い。だから、正確な倒産件数や傾向は分からない。今明らかになっている情報だけではコロナの経済的影響が正確にはつかめないのです。だから、多くのメディアでは経済へのダメージを過小評価する傾向もあると思います。これは仕方ありません。まだ明らかになっていないのですから。

今この状況が最悪だと思ったら、序章に過ぎなかったということにならないことを心から祈りますね。厳しいとは思いますが、5月7日から経済活動が再開されることを願います。ただ、今の自粛ムードが国民の中で加熱している空気感を見ると、どうやら収束の日もまだ遠い。コロナ恐慌の火蓋が切られる可能性は極めて高いと考えます。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。2007年に独立、会社を2社経営。
WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

コロナショックはチャンスを生んでいる

コロナショックは人々の生活様式を変えるほどにインパクトがある大事件です。歴史に語り継がれるでしょう。また、歴史の転換点にいるからこそ、大きなチャンスが転がっています。不謹…

  • 90 view

果たしてそれは意味がある行動なのか

世の中には意味のない行動に囲まれています。最近で言えば、マスク問題。他社さんとZOOM会議した時のこと、相手の方がマスクをされていたので、「家でマスクするんですか…

  • 53 view