Amazonアソシエイトの紹介料率減から考える収益分散

  1. 経営・起業
  2. 101 view

こんなニュース↓が流れてました。

Amazonがアフィリエイトリンクからの紹介料率を大幅にカットすると決定、商品によっては50%以上のカットも

これはアメリカでの話。そして、アマゾンアソシエイトを収益の柱にしているアフィリエイターも少ないと思うので、誰にとってもほとんど関係ない話ではあります。そして、アフィリエイトの料率が下がることはよくあること。多くのアフィリエイターはこんなことで一喜一憂はしないと思います。

但し、「収益や集客の分散がいかに大事か」という警笛として捉えるなら、良いニュースですね。プラットフォーム依存すると、こういうことが頻繁に起こるから恐いんですよね。このブログでもそういう話を何度も書いてきました。

仮に一本の矢が折れても三本あれば大丈夫。三本が束になればリスク分散になる上に、簡単には折れない。但し、三本の矢が一本ごと別々におかれていれば、簡単に折れる。

三本の矢はそれぞれにシナジー効果をもたらすものでなければいけない。そうなって初めて強くなるのです。経営には自主独立の精神が重要です。どうすればいいか。そのヒントをこちらの記事に書いています。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」を無料公開

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

関連記事

オンラインサロンは儲からない

このブログではオンラインサロンに対して否定的な記事をアップしてきたわけです。最近ネット界隈で広がっているオンラインサロンについては色々言いたいことはありま…

  • 692 view

デジタルデータ販売の強み

この会社を創業以来、当社ではデジタルデータの商品しか扱ったことがありません。現物のモノを売ったことはないのです。例えば、このブログもデジタルデータですし、TCDも…

  • 126 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。