銀行に預けるよりマシな投資先とは?

  1. お金
  2. 242 view

「銀行に預けておくよりはマシ」ということで株とか買ったり人は多いわけです。「お金に働かせる」と言ってね。でも、私はあんまり儲からないと思ってるわけですよ。なぜなら、投資で儲けようと思ったら、そもそも元手が必要だからです。

まずはシュミレーションしてみましょう。わりと人気というか、ローリスクローリターンの投資信託に投資して実質利回りを3.6%を得るとします。1000万円を複利で20年間運用したら、20年後には約2000万円になるんですね。

でも、どうなんでしょうね。それが良い投資と思うなら良いですが、私はまったく魅力的に思えないですよね。20年間でたった1000万円ですから。しかも20年間ずっと利回り3.6%が続くとは限らなくて、むしろ損する可能性も十分にある。微妙じゃないですか?

ローリスクローリターンの金融商品に投資した場合

Aさん(30歳)
年収(手取り)400万円
年間の貯蓄額 100万円
貯金500万円

20年後はこうなります。

Aさん(50歳)
年収(手取り)400万円
年間の貯蓄額 100万円
金融資産3000万円

「自分」に投資した場合

一方で自分に投資したらどうなるか?こうなる可能性が十分ある。

Aさん(50歳)
年収(手取り)4000万円
年間の貯蓄額 1000万円
金融資産3億円

もちろん、投資したお金がまったく回収できないこともあります。年とって全然お金がないってことも普通にあると思う。自分への投資は投資信託と違って、投資対象があやふやです。ゆえに、リターンを現時点で予測することはできません。「保証」がないから自分に投資するくらいなら貯蓄か投資信託か、というふうになるんでしょうけど。

けれど、自分に投資しない人は一見合理的に動いているようだけど、人間としての成長が止まりますのでいずれ萎んでくることでしょう。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。2007年に独立、会社を2社経営。
WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

お金が欲しいと言えない大人が増えている

お金って大切なものですよね。これって小学生でも分かることだと思うんですよ。子供にお年玉をあげると、すぐに中身を確認したりして飛び跳ねて喜ぶわけです。試しに「お金好きなの?…

  • 191 view

「保険」について考えてみました。

生活に身近な保険についてのお話しです。保険は元々はギャンブルから派生したものだと言われています。大航海時代に航海の成功・失敗などに賭け、次第に保険の形が出来上がっていった…

  • 158 view

大人の小遣い制は今すぐ廃止しよう

結婚するとお小遣い制にする家庭が多いわけです。その額は30,000円〜40,000円/月の幅がもっとも多く、半数が昼食代込みとのことです。弁当持参の家庭なら平均30,00…

  • 78 view

冬の時代にはキャッシュが活きてくる

企業の内部留保が近年問題になっていたわけです。大企業の多くは利益を溜め込むばかりで、投資もしないし関係者にも還元しない。だから社会に回るお金が少なくなって、デフレが収まら…

  • 43 view