毎日やることリストを書こう

  1. ワークスタイル
  2. 75 view

複数の作業を同時に進める効率的な方法は「今日やることリスト」を細かく紙に書くことです。リストの優先順位が高いもの、すぐ終わるものから片付けていく。例えば、こんな感じで書きます。

【すぐ終わるもの】
・メール返信(xxさん、yyさん。zzさん)
・請求書支払い(aaさん)
・入金確認
・資料郵送
・買い物(切手)
・レストラン予約
・スマホでデモチェック
・進捗状況確認
・ツイッター広告作成

【少し時間がかかるもの】
・ブログ更新(ネタ:a,b,c)
・メルマガ執筆(本日と明日分)

【時間がかかるもの】
・セールスページ下書き

基本的に「すぐ終わるもの」がたくさんあって、時間がかかるものほど少なくなります。

リストを作ることのメリットはたくさんあります。

・全体的なイメージの明確化 → 自身のマネジメントになる
・目的に必要な作業の明確化 → 見落としが減る
・思考と作業の分離 → 作業の総量がアップする

実際にやってみるとこのメリットの意味が分かるでしょう。ぜひやってみてください。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。2007年に独立、会社を2社経営。
WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

リモートワークの次に来るもの

コロナウィルスの影響でリモートワーク(テレワーク)が推進されていますが、もう現代ではリモートワークは新しいものではないんですね。私が社会人になった頃には「SOHO…

  • 128 view

量は質を凌駕する

仕事の「質」を高めるには先に「量」が必要です。「量」が「質」を形作るからです。例えば、水泳を上達させたいなら、まずはひたすら泳ぐ。溺れかけの状態で、水の抵抗を減ら…

  • 151 view