毎日やることリストを書こう

  1. ワークスタイル
  2. 117 view

複数の作業を同時に進める効率的な方法は「今日やることリスト」を細かく紙に書くことです。リストの優先順位が高いもの、すぐ終わるものから片付けていく。例えば、こんな感じで書きます。

【すぐ終わるもの】
・メール返信(xxさん、yyさん。zzさん)
・請求書支払い(aaさん)
・入金確認
・資料郵送
・買い物(切手)
・レストラン予約
・スマホでデモチェック
・進捗状況確認
・ツイッター広告作成

【少し時間がかかるもの】
・ブログ更新(ネタ:a,b,c)
・メルマガ執筆(本日と明日分)

【時間がかかるもの】
・セールスページ下書き

基本的に「すぐ終わるもの」がたくさんあって、時間がかかるものほど少なくなります。

リストを作ることのメリットはたくさんあります。

・全体的なイメージの明確化 → 自身のマネジメントになる
・目的に必要な作業の明確化 → 見落としが減る
・思考と作業の分離 → 作業の総量がアップする

実際にやってみるとこのメリットの意味が分かるでしょう。ぜひやってみてください。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」が無料で使える

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

関連記事

生涯学習は人生の喜びを充実させる

マツコロイドなどで有名な阪大教授の石黒浩さんというロボットの研究者がいるのですが、その人が著書の中で人間が受けるべき教育期間は30歳くらいに延長すべきであると述べているん…

  • 76 view

量は質を凌駕する

仕事の「質」を高めるには先に「量」が必要です。「量」が「質」を形作るからです。例えば、水泳を上達させたいなら、まずはひたすら泳ぐ。溺れかけの状態で、水の抵抗を減ら…

  • 434 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。