リモートワークが定着しにくい理由

  1. ワークスタイル
  2. 42 view

弊社は創業期からリモートワーク(テレワーク)とフレックスタイム制でやってきています。そのため、コロナウィルスで社会情勢が急変した際にもワークスタイルは一切変わっていません。いつもと同じように仕事をしています。

そんな私から見ると、今はコロナでリモートワークが流行っていますが、定着しない可能性もあるなと思っています。東京商工リサーチがこんなアンケート結果を出してました。

感染防止で導入が広がった在宅勤務やリモートワークを「現在、実施している」と回答した企業は31.0%にとどまった。「実施したが、現在は取りやめた」は26.7%で、都市部を中心に感染拡大が続くなか、「三密」や「クラスター」回避の面で不安を残している。
参照: 第6回「新型コロナウイルスに関するアンケート」調査 : 東京商工リサーチ

そりゃそうなるだろうと思いました。リモートワークが定着するのは難しいだろうと。

二度目、三度目の緊急事態宣言・ロックダウンみたいなことが起こったり、社会的にオフィスワークが良しとされない空気があれば別です。でも、以前の空気にまた戻るなら、リモートワークへの移行は時間がかかるだろうと思います。

おそらくこの過程をたどるだろうと思います。

リモートワーク導入

生産性が下がる

対策を練る(主にリモートワーク用の備品購入やワークスペースの確保など)

さらに生産性が下がる

オフィスワークに戻る

こんなツイートを目にしましたが、3週間では何もわからない。半年一年かけて生産性は下がっていくからです。

それを防ぐには、リモートワークに合ったスタイルを合わせていく必要がある。というか、オフィスワークで培った組織づくりを捨てる必要がありますね。オフィスワークは管理組織、リモートワークはフラットな組織です。

リモートだと無駄な作業フロー、ツール、人、投資が露呈しますし、それとどう向き合うかですね。バッサリ捨てることができるか。経営者自身も変わらないといけないかもしれませんね。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスの代表。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

関連記事

量は質を凌駕する

仕事の「質」を高めるには先に「量」が必要です。「量」が「質」を形作るからです。例えば、水泳を上達させたいなら、まずはひたすら泳ぐ。溺れかけの状態で、水の抵抗を減ら…

  • 287 view

体系的な学習と実践的な独学か

学習には、体系的な学習と実践的な独学の2パターンがあります。体系的な学習とは専門学校やオンラインスクールなどで決められた手順通りに学ぶもの。実践的な独学とは実際に行動に移…

  • 2885 view