クラウドソーシングは是か非か

  1. ワークスタイル
  2. 87 view

Lancers(ランサーズ)というクラウドソーシングのプラットフォームがあるわけですが、今回はそれについてお話したいと思います。ちなみに私はLancersを使うことの方が多いのでクラウドワークスには触れませんが、サービス内容は同じなのでクラウドワークスに置き換えても当てはまる話だと思います。

Lancersというサイトは当社でも発注者側として2012年から利用していますが、とにかく便利です。ライティング、翻訳、Web制作、動画制作、システム開発のようなWebと相性が良さそうな仕事だけでなく、コンサルやプロデュース依頼などまで多様な仕事が登録されています。ジグソーパズルを組み立てるなんて仕事もあったりしておもしろいですね。どんな仕事でも依頼・受注できるという感じですね。

私は写真撮影やWeb制作関連の小さい案件を頼んだりしていました。あとは、新会社を設立する際に社名を考えてもらったこともあります。その案件は確か1万円だったかと思いますが、コンペで結局300件くらい集まりましたね(ちなみに「デザインプラス」とは別会社です)。そんなの自分で考えろよと思われるかもしれませんが、当時は本当に時間がなかったので、社名すらも外注していたわけです。

発注側としては生産力を最大化できることと必要な時だけ単発で依頼できる点が大きな魅力となっているわけです。常駐スタッフを置いて内製化を進めずとも出来るわけですね。そのため大手企業もLancersのようなクラウドソーシングを積極的に活用しているのです。

Lancersを利用するデメリットでいうと、当たり外れが大きいことでしょうか。発注したはいいが、スキル不足でできないといったこともあるわけです。Web制作で言えば、自分にスキルはないがディレクター的な立ち回りをやっている人が受注したりもします。とにかくなんでも受注しちゃうというタイプの人が一定数いるわけです。結局受注したけど納品できない、あるいはクライアントの希望通りには仕上げられないという事態が起きたりといった機会損失が起きる。利用し続けていればこれは避けられないことだと思います。

利用した限り感じていることは、優秀なクリエイターを見つけるのは難しいということです。そのため、難易度低めな案件を中心に依頼するのが望ましいと思います。その中で高難度な案件をこなせるクリエイターが見つかれば御の字、継続して関係性を築こう、という感じでしょうか。

今度は逆に受注者側の視点から見てみましょうか。断りを入れておきますと、私は受注者側として仕事を請け負ったことはありません。ただ、受注者とたくさん関わってきたことで、ある程度の類推はできます。

まず、受注者としてはこういうクラウドソーシングはお手軽に稼げる手段ではありますよね。場所、時間を選ばずにすぐに始められる。本業がありながらでもスキマ時間に副業ができますし、スキルがあればこれだけで食っていくことは可能かと思います。

ただ、思うのは毎回発注者や案件がコロコロ変わると大変だろうなということですね。これはクラウドソーシングに限らず、フリーランスクリエイターが通る道でもありますね。

発注者が変わると何が大変かというと、まず相手が何を望んでいるかが変わりますよね。先方が最終的なクライアントではなく中間代理店だった場合は、最終的なクライアントの考え方や好みまで類推しなくてはいけません。もちろん、仕事の進め方や依頼内容、シビアさなども変わってくる。単発案件にも関わらずこれだけのことに配慮しながらクライアントの希望以上のものを出さなければいけないので、これはなかなか大変だろうということです。

そのため、単発案件ばかりではなく、発注者と継続して関係が続けることが経済的にも精神衛生上も望ましいわけですね。絶対にそうしろ、と言っているのではなくて、その方が楽しくできるよね、という話です。

継続して良い関係を続けるには、互いにwinwinである必要があります。クライアントが次も仕事を依頼してくれるようにするためには、納品したもので事業がうまく回るようにしてあげる必要がある。そうすれば重宝して依頼してくれるし、そこまで来ると非常にやりやすくなると思います。ただ、それにはスキル面はもちろん、人間性も重要だったりします。

人間性というとおおげさですが、要は相手を好きになるということですね。相手を好きになれば、相手が何を望んでいるのか、どういうものを提供してあげるべきかという視野に近づけられます。これってクラウドソーシングに限らず、仕事において大事なことですよね。Lancersではないですが私がWeb制作関連の仕事をフリーで受注していた頃は相手の期待以上のものを提供しようと考えていました。自分がつくったもので上手くいって欲しいという思ってましたから。それこそ散歩中も電車に乗っている時もアイデアなどを考えていました。

毎回仕事を与えてくれるのが普通じゃないのがフリーランスの世界です。ですが、その一山を超えると自分が自由にできる領域も広がるというものです。

追記:クラウドソーシングの関連記事です。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

大阪生まれ。株式会社デザインプラス代表。WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

成功とは狂気である

成功する人を見ていて感じる共通点。それは狂気です。結果が出るまでの間の行動をよく観察していると、まさに狂気とも言えるのです。一見、外から見るとわからないんですね。…

  • 95 view

量は質を凌駕する

仕事の「質」を高めるには先に「量」が必要です。「量」が「質」を形作るからです。例えば、水泳を上達させたいなら、まずはひたすら泳ぐ。溺れかけの状態で、水の抵抗を減ら…

  • 96 view

「没頭力」とは何か

よく「没頭する」とは言いますけど、これはいったいどういうことなのか。どういうレベルの集中を「没頭する」と呼べるのかという話です。没頭するとは、自我を忘れることです…

  • 695 view

若い内に武器を身に着けておく

何歳になっても成長できるものだと思いますが、スタートは早いほうがいいものです。というより、今やっていることは若い内にやっていたことの延長だったりします。どういうこ…

  • 73 view

年齢を重ねるほど諦めが早くなる

年齢を重ねた人ほど、諦めるのが早く、粘りがないわけです。だけど、これは一概にすべての人に当てはまるわけではありません。人によって結果は分かれるわけです。ただ、傾向として年…

  • 130 view