慣れは大敵

  1. ワークスタイル
  2. 2799 view

車の運転は慣れたときが恐い。仕事も同じです。

慣れによって得るものもあれば、失われるものもあります。得るものはスピードや楽さ、失われるものは例えば、集中力、注意力、創意工夫。

最初は集中してやる。けども、何度も同じ繰り返しをするうちに完成までのハードルは下がってくるので、気付かないところで神経が行き届いてないところが出てくる。

その時点で、「マンネリになってきてるな」「前回と変わらない出来だな」などと制作物に対して、内省できる人は、問題ない。

問題は内省できない人、自覚のない人です。慣れた時点で成長はストップします。それどころか仕事が前例踏襲、思考停止、テンプレート化することで、仕事の質は劣化していきます。

ではどうすれば、誰しもやってくる慣れを克服できるのか。それは、、、

自分の制作物に疑問を持つ

自分が作った制作物に対して、いつも疑問を投げかける。それだけです。

疑問を持つのは、自信がないからではありません。よりよいものにするための疑問です。「どうすればもっと良いものがつくれるか」そこにフォーカスするだけです。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」を無料公開

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

迷い箸やめろ

食事の時に料理の上でどれを食べようか迷う仕草を迷い箸(惑い箸)と言います。行儀が悪いって子供の頃はよく叱られましたよね。で、これと似た例として武道の話になるんです…

  • 270 view

リモートワークの次に来るもの

コロナウィルスの影響でリモートワーク(テレワーク)が推進されていますが、もう現代ではリモートワークは新しいものではないんですね。私が社会人になった頃には「SOHO…

  • 210 view

量は質を凌駕する

仕事の「質」を高めるには先に「量」が必要です。「量」が「質」を形作るからです。例えば、水泳を上達させたいなら、まずはひたすら泳ぐ。溺れかけの状態で、水の抵抗を減ら…

  • 524 view