大人になってから始めるスポーツにコーチを付けたがる人が多い理由

  1. ワークスタイル
  2. 83 view

私は人生でほとんどセミナーや講義などの類には参加したことがないのですが、昔に一度PHP言語の講義を受けたことがあります。確か90分くらいだったと思いますが、特に興味があったわけでもなく、たまたま立ち寄った先でやってたので席についてみたわけです。で、瞬時に後悔しました。

理由は知ってることばかりだったこと、ネットで読めば10分で理解できることだったからです。講師はわかりやすく事例を出したり、冗談を言ったりして説明していましたが、教える側としては聞かせる為にきっと必要なんだろうなとは思いつつも、非効率な学習であると感じたわけです。何より受け身なのは退屈です。

この記事にも書いてある通り、私は体系的な学習のすべてを否定するわけではありませんし、時に役立つことはあるのですが、やっぱり実践的な場での独学が強いと思っているタイプの人間です。

講義を受けたら現場で通用すると思ったら大きな間違いで、デジハリみたいなところで資格をとっても現場では通用しないわけです。ただ、そこで得た基礎的スキルを片手に就職して、そこからスキルを伸ばしていくというステップアップには使えるかもしれません。それでも、実践+独学のセットで急激にスキルを伸ばしていくほうが効率的であることは間違いありません。

子供の頃は何も考えずに独学でやってたりするんですよね。例えば、子供は野球やサッカーを誰に教わるわけでもなく、見て吸収して遊んでるわけじゃないですか。それで上達して野球部とかに入ってさらに磨きをかけていく。野球部だとコーチが教えてくれたりもしますが、なくても上達はしていけるわけです。うまくなりたいやつは自分から吸収していきますから。

だけど、大人になると途端に体系的な学習でないといけないと思いこんで学習する人が多いわけです。資格をとっておかないと将来不安だとか、現場で通用しないと思っている。まったく関係ありませんし、古い考え方と言わざるを得ません。

ゴルフに関してもそれを感じることはあります。ゴルフは大人になってから始める人が多いスポーツですけど、それゆえに最初にまず誰かに習いに行く人が多い。そうしないと上達しないと思いこんでいる。

でも、これも野球と同じで何百回、何千回と振ってればフォームも改善していくんですよ。なぜなら、だんだん体の使い方が最適化されていくからです。最初は力んだり、腕が振れたりしていても回数を重ねていくとスムーズに振れるようになる。最初にコーチに正しい方法を教えてもらわないと「変なクセが付いてしまうよ」と言う人がいますけど、自ら考えたり吸収できる人ならつかないですよ。

体系的な学習が最初にないといけないという考え方は学校教育の弊害なのだろうと思いますが、そういう考え方は捨てて飛び込んでみるのもいいですよね。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。2007年に独立、会社を2社経営。
WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

固定電話が働き方を固定している件

すべての会社とは言いませんが、ほとんどの会社にとってすでに固定電話は無用の長物となっています。固定電話があることで余計な業務が発生し、社員の働き方が制限されたり、会社が不…

  • 63 view

量は質を凌駕する

仕事の「質」を高めるには先に「量」が必要です。「量」が「質」を形作るからです。例えば、水泳を上達させたいなら、まずはひたすら泳ぐ。溺れかけの状態で、水の抵抗を減ら…

  • 151 view

クラウドソーシングは是か非か

Lancers(ランサーズ)というクラウドソーシングのプラットフォームがあるわけですが、今回はそれについてお話したいと思います。ちなみに私はLancersを使うことの方が…

  • 106 view

「面倒くさい」は悪

いろいろな人と仕事していて思うのは、仕事を「面倒くさい」と思ってやっている人が多いことです。でも、「面倒くさい」は悪なんですよね。何かをお願いすると、まずは「面倒くさい」…

  • 88 view

「没頭力」とは何か

よく「没頭する」とは言いますけど、これはいったいどういうことなのか。どういうレベルの集中を「没頭する」と呼べるのかという話です。没頭するとは、自我を忘れることです…

  • 866 view