固定電話が働き方を固定している件

  1. ワークスタイル
  2. 43 view

すべての会社とは言いませんが、ほとんどの会社にとってすでに固定電話は無用の長物となっています。固定電話があることで余計な業務が発生し、社員の働き方が制限されたり、会社が不採算部門を抱える要因となっていることも多いわけですね。

にも関わらず、まだ固定電話が残っている理由は2つあります。

  1. 銀行や大手取引先が、固定電話がないと取引してくれないから
  2. 不要であることに気づいていない

弊社でも1の理由で固定電話を昔は契約してたんですよね。まったく使わないのになぜ置いていたかと言うと、法人の銀行口座開設&維持に必要だからです。でも、今は一部のネットバンクで携帯電話での登録が可能になっているので固定電話は取っ払いました。相変わらずメガバンク、地方銀行は固定電話番号を欲しがりますが。

固定電話は人々の働き方を固定する

それにしても「固定電話があるから信用がある」というのも不可解な話ですよね。今やスマホだけで十分コミュニケーションが成立する時代です。むしろ、固定電話を使う機会は公衆電話並みに減りつつあるわけです。音声通話の手段も相手の電話番号を入力するのではなく、メッセンジャーなどのアプリを通して行います。にも関わらず、電話番号を1つの信用、あるいはメインのコミュニケーション手段にとっていること自体が完全に時代錯誤なのです。

銀行が時代錯誤になっている一因に、多くの民間企業も関係しています。なぜなら、大半の企業では固定電話を未だにメインで使っているからです。社内コミュニケーションで使われる「内線」も昭和時代の産物ですよね。名刺に代表通話番号が書かれているのも時代を感じます。

けれども、これも急激になくなっていくでしょう。

固定電話は様々な業務を”固定”するんです。例えば、カスタマーサポート。固定電話を設置するだけで、顧客や取引先は常に電話に出ることを求めます。営業時間内に電話に出なければ大騒ぎすることでしょう。そうすると、常に電話をとるための余剰人員を固定の場所に置かなければいけなくなる。

電話は集中力を削ぐ

私は電話を一切しないわけではないんですが、基本的にスマホの通知はオフにしているんですね。だから、電話がかかってきても気づかない。メールやチャットだったら定期的にチェックするんですが、電話の着信履歴は数日に一回しか確認しない。後で自分のタイミングでレスポンスする。

なぜそうしているかというと、私自身、アフィリエイトから商いを広げていったので仕事で電話を使う習慣がありませんでした。かかってきても、仕事に関係のない電話ばかりです。自ずと通知オフにするスタイルになっていったわけです。電話を忌避する理由はただ1つ。集中している時間を妨げられたくないからです。

別に会話が嫌なわけではありません。気づけば掛け直しますしね。集中している時間は自分にとって貴重なので、それを大事にしたいだけなのです。集中力を大事にすることはプレイヤーにとって重要な考え方です。何かを作る人にとって、集中力こそが成果物の品質に繋がるからです。

固定電話を設置すると、誰かが電話番をやらなければいけない。その人がプレイヤーだったら成果物の品質が落ちるわけです。なので、もはや固定電話は悪としか良いようがないんですよね。

カスタマーサポートもメール対応のみにしても問題ない

ただこう言うと、「カスタマーサポートで固定電話が必要だ」という意見が出てきます。けれども、果たして音声通話が手段として最適解なのでしょうか。ここはよく考えねばなりません。

私どもの業種で言うと、電話で対応しても結局はソースや設定をチェックしたりと検証作業が必要なので、電話で即答できないことが多いんですよ。だから、お客さんがいくら電話でのサポートを求めたとしても、メールの方が両者にとってハッピーなのです。だから、カスタマーサポートを一律メール限定にしているんです。

しかも、コールセンターが不要になれば大きなコストカットに繋がります。それは価格面にも必ず反映しますので、顧客にとってもプラスです。

そして、この自粛期間中はすでに多くの大手企業でメールのみのカスタマー対応をしているところも増えています。やればできるのです。

固定電話がなくなれば、オフィスも必要ない

固定電話をなくすことができれば、次に不要となるのがオフィスです。まぁ先にオフィスを解約するくらいでもいいですけどね。もはやオフィスが不要なことは今回の自粛期間によって十分証明されたはずです。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

大阪生まれ。株式会社デザインプラス代表。WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

リモートワークの次に来るもの

コロナウィルスの影響でリモートワーク(テレワーク)が推進されていますが、もう現代ではリモートワークは新しいものではないんですね。私が社会人になった頃には「SOHO…

  • 107 view

年齢を重ねるほど諦めが早くなる

年齢を重ねた人ほど、諦めるのが早く、粘りがないわけです。だけど、これは一概にすべての人に当てはまるわけではありません。人によって結果は分かれるわけです。ただ、傾向として年…

  • 182 view