量は質を凌駕する

  1. ワークスタイル
  2. 202 view

仕事の「質」を高めるには先に「量」が必要です。「量」が「質」を形作るからです。

例えば、水泳を上達させたいなら、まずはひたすら泳ぐ。溺れかけの状態で、水の抵抗を減らす方法を考えたって実現できる力もないからです。どれだけ泳いだかが泳ぎの型をつくり、そこで始めてハウツーが役に立ってくる。

でも、量をこなす前にハウツーを追いかけたり、無用な悩みを抱えたりする人が多いです。「なんで出来ないんだろう?」「自分には向いてないんだろうか?」と悩んだりする。インプットは大事ですよ。不要とは言いません。でも、まだ量をこなしてない人がハウツーを身に着けて質を上げようとするのは、ベチャベチャのご飯にふりかけかけるくらい無意味です。

自在に泳げるようになったら、ハウツーを取り込んでいく。高い泳力を持った自分がハウツーをミックスした時は、さらに上のステージに行ける可能性がある。ハウツーがパズルピースのようにうまくはまることで、タイムを一気に上げることに繋がるからです。だから、ハウツーは時に気づきを与えてくれるものですが、量をこなした者にしか与えてくれません。

最初は無様でもいい。恥を捨て、とりあえずは泳ぎだしてみよう。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。25歳で個人事業主、2010年から株式会社デザインプラス代表。
WordPressテーマTCDを運営しながら、ブログやメルマガで好き放題書いて暮らしてます。

記事一覧

関連記事

迷い箸やめろ

食事の時に料理の上でどれを食べようか迷う仕草を迷い箸(惑い箸)と言います。行儀が悪いって子供の頃はよく叱られましたよね。で、これと似た例として武道の話になるんです…

  • 192 view

若い内に武器を身に着けておく

何歳になっても成長できるものだと思いますが、スタートは早いほうがいいものです。というより、今やっていることは若い内にやっていたことの延長だったりします。どういうこ…

  • 88 view

「面倒くさい」は悪

いろいろな人と仕事していて思うのは、仕事を「面倒くさい」と思ってやっている人が多いことです。でも、「面倒くさい」は悪なんですよね。何かをお願いすると、まずは「面倒くさい」…

  • 117 view