量は質を凌駕する

  1. ワークスタイル
  2. 306 view

仕事の「質」を高めるには先に「量」が必要です。「量」が「質」を形作るからです。

例えば、水泳を上達させたいなら、まずはひたすら泳ぐ。溺れかけの状態で、水の抵抗を減らす方法を考えたって実現できる力もないからです。どれだけ泳いだかが泳ぎの型をつくり、そこで始めてハウツーが役に立ってくる。

でも、量をこなす前にハウツーを追いかけたり、無用な悩みを抱えたりする人が多いです。「なんで出来ないんだろう?」「自分には向いてないんだろうか?」と悩んだりする。インプットは大事ですよ。不要とは言いません。でも、まだ量をこなしてない人がハウツーを身に着けて質を上げようとするのは、ベチャベチャのご飯にふりかけかけるくらい無意味です。

自在に泳げるようになったら、ハウツーを取り込んでいく。高い泳力を持った自分がハウツーをミックスした時は、さらに上のステージに行ける可能性がある。ハウツーがパズルピースのようにうまくはまることで、タイムを一気に上げることに繋がるからです。だから、ハウツーは時に気づきを与えてくれるものですが、量をこなした者にしか与えてくれません。

最初は無様でもいい。恥を捨て、とりあえずは泳ぎだしてみよう。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」が無料で使える

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスの代表。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

関連記事

体系的な学習と実践的な独学か

学習には、体系的な学習と実践的な独学の2パターンがあります。体系的な学習とは専門学校やオンラインスクールなどで決められた手順通りに学ぶもの。実践的な独学とは実際に行動に移…

  • 3166 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。