プラットフォーマーに頼らない仕組みを作ることの重要性

  1. 経営・起業
  2. 194 view

こんな記事が話題になっていました。記事タイトルだけで内容がわかりますね。笑

・メルペイ。青柳直樹代表取締役は、「新しい本を『借りるようにして読む』という、メルカリとメルペイならではの体験を届けられる」と話す、という記事に対する意見。著者及び出版社への敬意がまったくないと考えます。不愉快です。
http://katsumakazuyo.hatenablog.com/entry/2019/02/23/004332
・メルペイ問題への補足。もちろん、著者がサブスクリプションモデルや新しいビジネスモデルへの対応は必要で実際私も10年以上そうしています。それでも私が不愉快さを表明しているのは、プラットフォーマーがフリーライダーを推奨しているからです。
http://katsumakazuyo.hatenablog.com/entry/2019/02/23/090232

さて、私がこの話題で思うことは(いつも言っていることですが)プラットフォーマーからの独立です。多くのプラットフォーマーはコンテンツを生み出さない。すでにあるコンテンツを使って商売をしているのです。でも、彼らは利便性という強力な武器を持っている。それゆえにコンテンツホルダーにお金が回らないということが今あらゆる業界に起きているのです。

そして今回はメルカリがやり玉に上がっていますが、プラットフォーマーはコンテンツホルダーのことなど考えもしないものです。青柳直樹さんの発言がすべてを言い表しているでしょう。コンテンツがなければプラットフォーマーも成り立たないんですけどね。そうは言っても、これは時代の流れであり、「敬意がない」と批判するだけでは何も変わらないわけです。コンテンツを作ることの大変さは分かるので理解はできるんですが。では、コンテンツホルダーにとってはどういう対策が取りうるのか。私はこれだけだと考えます。

プラットフォーマーに頼らなくてもビジネスが回る仕組みを作る。その為に自分のメディアを持ち、場合によってはSNSも活用する。サブスクリプションを導入することも方法の1つですし、新規ユーザーを集める仕組みを作ることも大事です。プラットフォーマーが出来ない情報発信のあり方(個人のスターを作るなど)を模索するのも1つです。このようにして初めて自主独立した経営ができるというのが現代のコンテンツ製作者に課せられた使命なんじゃないかと思います。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」が無料で使える

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

リモートワークのメリット(企業側)

新型コロナウィルスで様々なイベントが中止される中、リモートワーク(テレワーク)を採用する企業も続々と出てきましたね。GMOや電通といった大企業が全社員在宅勤務としたり、こ…

大企業の無駄から見る日本企業の実態

日本の一般的な企業には無駄がたくさんあるわけです。特に大企業はその象徴だと思います。これまで聞いた話によるとこういうことはたいていの大企業に当てはまるようですね。…

起業の最適なタイミング

「今はコロナで大変な時期なので起業しない方がいい」という声が聞かれるようになりました。多くの業種で売上が減っているし、成長しているところは一部だから今起業するのはリスクが…

アフィリエイトを始めた理由

アフィリエイトを始めたのは2006年。本格的に独立して始めたのは2008年。なぜ、アフィリエイトを始めたのか。端的に理由は、自分一人でお金が稼げる仕組みに感動した…