起業の最適なタイミング

  1. 経営・起業
  2. 204 view
「今はコロナで大変な時期なので起業しない方がいい」という声が聞かれるようになりました。多くの業種で売上が減っているし、成長しているところは一部だから今起業するのはリスクが大きすぎるというのが理由だそうです。

そういう考え方もありですね。求人市場も冷え込んでいるので会社にしがみつこうとするお勤めの方も多いはず。個人個人があらゆる行動や決断を控える消極的なモードに入っている。そんな時期に事業を興すのは飛んで火に入る夏の虫だという考え方になるのもわからなくありません。

でもここは逆転の発想です。そうすると、むしろ今起業しましょう、という結論になる。

1つ目の理由は
みんなが行動を控えている今だからこそチャンスがあるから。

2つ目の理由は
成長しているところに目を向ければいいから。

3つ目の理由は
景気関係なく、社会に求めらているものが生き残るから。

4つ目の理由は
生き残れば強い事業の柱になるから。

起業のタイミングに好景気・不況は関係ありません。タイミングなんて自分で作るものです。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」を無料公開

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

なぜリモートワークが流行らないのか

リモートワークが新しい働き方と言われて久しいですが、なぜか導入する企業が増えた話はあまり聞きません。むしろリモートワークを見直す事例の方をよく耳にします。また、導入事例を…

乱読のすすめ

読書で得られるものは大きいです。読み方は乱読がいいです。とにかく色んなジャンルの本を読み漁る。好奇心、知識欲の赴くままに。小説、古典、漫画、経済、宗教、ビ…

起業家に社会不適合者が多い理由

起業家や経営者にはこんなイメージがあるかと思います。・優秀・「社会を変えたい」などといった理念があるたしかにそういう人もいます。しかし、自覚的にも無自…