自家用車は本当に「負債」か?

  1. お金
  2. 1064 view

金持ち父さんに言わせれば、自分にお金を運んでくるものは資産、お金が逃げていくものは負債という定義です。そのため、自宅や車などは負債に当たるわけです。この発想は若い頃の私に衝撃を与えました。この理屈のどこにも穴がないように当時は思えたわけです。

ただ、1つ疑問がわいてきませんか?

「車は負債だと頭では分かっている。けど欲しい」という心理状態。これをどう処理すればいいんだと。

「諦める」を選択する

1つ目の選択肢は「欲しいけど買わない」です。もっと合理的に考えるのです。「本当に必要か?」「クルマを買うくらいなら、投資信託を買った方が得するんじゃないか?」とか。

欲望は抑え続ければ、いずれ忘れます。潜在意識のどこかには残るだろうけど、表層意識からは消すことができる。無駄に負債を負わなくて済むし、万事解決しましたね。

ん、本当に解決したでしょうか?
欲を抑えたり我慢したりするのは、自分が本心から求めていることなんですかね。

我慢をやりすぎた先には諦めがあります。瞬間的に湧いてきた欲求を「どうせ俺なんか・・。忘れよう」という思考に持っていくのが癖になる。

欲は生きるために必要なものですよね。せっかく湧いてきた欲求も、1つずつ潰していけばいずれ湧いてこなくなる。行き着く先は「欲がない」「やりたいことがない」状態です。

けれど、潜在意識の中には欲もやりたいことも残っている。自分の心を誤魔化して生きてくことになる可能性があります。

「行動する」を選択する

だから、2つ目の選択肢に「買う(買うために行動する)」というのが出てくるんです。結果が実るかどうかが重要なんじゃなくて、自分には嘘をつかないというのがポイントです。

行動から得られる経験は決して負債とは言えないものです。むしろ、資産じゃないですかね。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」が無料で使える

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

関連記事

冬の時代にはキャッシュが活きてくる

企業の内部留保が近年問題になっていたわけです。大企業の多くは利益を溜め込むばかりで、投資もしないし関係者にも還元しない。だから社会に回るお金が少なくなって、デフレが収まら…

  • 81 view

信用経済は本当に来るのか?

最近、巷でよく聞くようになった「評価経済」という言葉。「信用経済」とも言うらしいです。昨今流行っている「オンラインサロン」の先駆者でもある岡田斗司夫さんが恐らく最初に(?…

  • 1576 view

超富裕層が生まれる構造

少し前こんな記事が話題になってました。記事によるとコロナウィルスによって格差が拡大したとのこと。何のこっちゃ分かりませんね。(CNN) 過去のおよそ3カ月間で、米…

  • 151 view

個人のマイカーリースは損しかない話

近年はカーローンではなくカーリースが増えているらしい。しかも増えているのが法人ならまだわかるものの、個人のカーリースの方が急増しているんだとか。・個人向けオートリ…

  • 897 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。