資産がどれくらいあれば安心できるのか

  1. お金
  2. 231 view

昔、経営者なら月100万円の利益(役員報酬を含める)じゃ少ないよ、と言われたことがあります。それは確かにそうです。社会保険料や税金も引かれるし、サラリーマンと違って来月も同じ報酬が入ってくるとは限らない。今月は100万円の利益が出たとしても来月は10万円かもしれないのです。また、事業には投資がつきもので、ある程度の備蓄は必要なわけです。となると、月100万円の利益は少ないとなる。

じゃあどれくらい利益を上げればいいのか。役員報酬はどれくらいとれるようになればいいのか。ここは答えがないですね。年俸3000万円でも多いと言えば多いし、純利益が3億でも少ないと言えば少ない。収入や売上の天井は上を見るとキリがないものなんですね。そしてそこに囚われすぎると、いつまでもしんどいんですよ。

なぜかというと、不安が尽きないからです。

こういう人は、10億円の金融資産を持っていても不安を抱えているわけです。円だけじゃ不安だからといって、海外の不動産や株、仮想通貨などに分散投資している。それでも安心できず、もっと増やしておかないとと思ってたりする。この心理状況はどこかで手放さないとたぶんエンドレスなんですね。

じゃあ何を手放せばいいかというと、今持っているものですね。今持っている肩書や資産をすべて失っても大丈夫という自信です。例えば、経営している会社を手放して、資産もすべてなくなったとしてもいつでも再起できるよという自信です。

では、それが得られるにはどうすればいいかというと、常に泥臭いことをやり続けることでしょうね。多くの人は少しでも偉くなると泥臭いことをやらなくなるんです。サラリーマンだって中間管理職になったくらいで泥臭いことをやらなくなるでしょ。人はそのくらいのステージで保身に回れるんです。

経営者が証券会社のアカウントを開設してごにょごにょやりだしたら危険ですね。半年1年くらいは大丈夫かもしれませんが、もって5年でしょう。そして、そんな人生はつまらない。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」を無料公開

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

冬の時代にはキャッシュが活きてくる

企業の内部留保が近年問題になっていたわけです。大企業の多くは利益を溜め込むばかりで、投資もしないし関係者にも還元しない。だから社会に回るお金が少なくなって、デフレが収まら…

  • 91 view

お金は純粋に求める人のところに集まる

お金は誰もが求めるものだと思います。だって、必要ですから。でも、下の記事にも書きましたが、潜在意識下ではお金が欲しいのに、その気持ちを抑制して生きている人が多いわけです。…

  • 1318 view

大人の小遣い制は今すぐ廃止しよう

結婚するとお小遣い制にする家庭は多い。でも、大人のお小遣い制は百害あって一利なしなので、今すぐにでも廃止すべきです。理由はこちら。 働く意欲がわかない…

  • 336 view

「保険」について考えてみました。

生活に身近な保険についてのお話しです。保険は元々はギャンブルから派生したものだと言われています。大航海時代に航海の成功・失敗などに賭け、次第に保険の形が出来上がっていった…

  • 202 view

多くの人が知らない保険の本質

現代では多くの人が当然のように加入する保険。生命保険や医療保険、学資保険、車両保険など生活のいたる所に浸透しているわけです。また、法人においても節税型保険は利益の出ている…

  • 1938 view