褒められて浮かれない

  1. ライフスタイル
  2. 105 view

そう言えば、最近は会ってませんが以前は毎月顧問税理士と会っていたんですよね。彼は会うといつも業績を褒めてくれるわけです。売上が上がっても下がってもいつも褒めてくれる。

「でも、最近は最高売上から遠ざかってますよ」と私が言うと、「こんなにxxxな会社はそうないです」と返ってくる。最初は「いやいや」と流していましたが、ずっと言われ続けると「本当にそうかも」なんて思ってしまう。

あくまでも自分自身の問題ですが、これは厄介なものだと気づいたんですよね。

なぜなら、お腹いっぱいに満足すると攻める勢いがなくなってしまうからです。

褒められてもゴールには達してない。人間的にも数字的にも。そこを見失ってはいけないなと思います。まだまだやらないといけないことはあるし、知りたいことがある。だから行動するのが自分的にもっとも正しい道なのです。

お腹いっぱいになるラインは人それぞれ違うでしょうね。フリーランスなら月100万や200万とかのの大台がラインになっている人が多いでしょうし、経営者なら月商1000万でしょうか。それを一回超えた時点で勢いがなくなるケースは今までも何度も見てきました。人が変わったように萎んでいく。

生きている間はずっと攻めの姿勢を忘れたくないんですよね。守りに入っている間は、仮に地位を守れていても苦しさしかないからです。だから、いつも「攻め」です。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。25歳で個人事業主、2010年から株式会社デザインプラス代表。
WordPressテーマTCDを運営しながら、ブログやメルマガで好き放題書いて暮らしてます。

記事一覧

関連記事

人と会うことはストレス

どんな人と会うのでも、人と会うこと自体は必ずストレスになります。たとえそれが一緒にいて楽しい人、好きな人であってもです。つまり、ストレスはストレスでも自分にとって必要なス…

  • 161 view
読書

本はジャンルを問わず学びになる

本はジャンルを問わず、学びがある。色んなジャンルの本を読むことで、自分の世界や感覚の領域が広がるように思います。子供のころは漫画ばかり読んでいて、母にはよく「バカ…

  • 56 view

直感はすべて正しい

最初に感じたことはだいたい正しいものです。例えば、誰かに仕事を提案された時、条件はいいんだけど「なんか嫌だな」と感じる時ってありますよね。理由はよくわからないけど…

  • 157 view

自分の魅力を開花させる方法

人には自分が得意なこと、苦手なことがあります。それは個性でもあるんですね。だから、苦手なことがあるから悪いわけではないし、得意なことがあるからと言って苦手なことがないわけ…

  • 76 view