冬の時代にはキャッシュが活きてくる

  1. お金
  2. 59 view

企業の内部留保が近年問題になっていたわけです。大企業の多くは利益を溜め込むばかりで、投資もしないし関係者にも還元しない。だから社会に回るお金が少なくなって、デフレが収まらないんだと。そう批判されてきたわけです。

しかし、コロナショックが長期化する可能性が濃厚になってきた現在、内部留保はある意味企業の拠り所になっているわけです。コツコツ貯金してきたおかげで冬の時代を乗り越えられる。乗り越えられるどころか、キャッシュイズキングとなりつつある。

アリとキリギリスで言えば、アリの時代とも言えますね。企業だけではありません。個人もそうですよね。有り金を全部使った上に収入も閉ざされた人は、この機に苦しくなっているのです。

私もこれまで、貯金に回すよりは自分がやりたいことにお金を使う方がいいと言ってきました。それは今でも変わらないですね。なぜなら、自分への投資はリターンが大きいからです。

とは言え、貯蓄ゼロだと機動力が失われるのも事実。業績が悪化した時に現ナマがないと広告も打てないし、成長産業への投資もままならない。貯蓄ゼロは冬の時代が来ない前提で成立するのです。

特に経営者はある程度現金は持っていた方が良いわけです。別に私個人だけの問題なら3日くらい食わなくても大丈夫だろうと思ってますが、経営者は製品の開発チームや顧客フォローチームを維持する必要性が一定程度ある。なので、一定程度の富の貯蔵は必要だということですね。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。25歳で個人事業主、2010年から株式会社デザインプラス代表。
WordPressテーマTCDを運営しながら、ブログやメルマガで好き放題書いて暮らしてます。

記事一覧

関連記事

自分の「最高の状態」を作るための投資

私が1人か2人で会社を経営していた7,8年前は月商で200〜900万円ほどはあったわけです。今は組織でビジネスをやるようになり、人数も売上規模も10倍以上に成長したわけで…

  • 138 view

銀行に預けるよりマシな投資先とは?

「銀行に預けておくよりはマシ」ということで株とか買ったり人は多いわけです。「お金に働かせる」と言ってね。でも、私はあんまり儲からないと思ってるわけですよ。なぜなら、投資で…

  • 270 view

お金を稼ぐ過程で知る楽しさ

10代20代の頃の私はお金を増やすことに夢中でした。自分ではこの理由を「お金が好きだったから」「お金持ちになりたかったから」ということで長い間片付けていたのですが、今はそ…

  • 106 view

「あり金は全部使え」論について

「あり金を全部使え」という人が最近増えています。本稿ではそれについて考察してみたいと思います。やりたいことをやりたくてもお金がなければ出来ないことはたくさんありま…

  • 126 view

トイレ掃除するとお金持ちになれるのか

この前、とある大阪の喫茶店のトイレに「トイレを3分掃除するとお金持ちになれます(うろ覚え)」といったタイトルの本を紹介した新聞の切り抜きが貼られてました。トイレを綺麗に使…

  • 213 view