財布はなくても物理的に困ることはあまりない

  1. ライフスタイル
  2. 77 view

私は日頃から財布を持ち歩くことはありません。ポケットの中身は現金、車のキーとスマホで、出かけるときはだいたい手ぶら。これが本当にラクです。理由は軽快で動作もシンプルだからです。

まず、財布がなければ鞄も必要ありません。デニムの後ろポケットに財布を詰め込んで歩きにくくなることもない。身軽でいられるのです。

元々この発想は旅をする中で変化していったスタイルです。1泊でも10泊でも荷物の量を同じにしたかった。着替えも現地で洗ったり買うことで最小限にし、MacBookAirをiPad Proに切り替え、あと何が削れるかってところで出てきた発想です。だから、当然キーケースも財布もいらないとなる。

本当は旅行にはタブレットも持って行きたくないんですよね。2泊くらいだったら手ぶらで行くこともあるんですけど。何か作業が生じてもスマホで乗り切れると踏んだ時だけそうしています。海外でもパスポートとスマホと現金だけで行けますね(手帳型スマホケースにVisaカードを入れておく)。手ぶらです。

次に「シンプルさ」ですが、お釣りが返ってきた時の動作がラクです。財布やマネークリップに毎回お釣りを収納するのってめんどくさいんですよね。私はすぐポケットに放り込みたい。小銭は車に戻った時にコインケースに投げ入れるので、神社にお賽銭する時に便利です。あと、SuicaやPay系のアプリでたいていはキャッシュレスでいけますね。そうするとお金をしまう動作すらない。

もちろんファッションとして財布を身につけるのが好きな人も多いでしょうから、そこは多いに結構です。ただ、もし少しでも日常の荷物を減らしたいと思っているなら、財布をなくしてみるのも手かもしれませんね。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。25歳で個人事業主、2010年から株式会社デザインプラス代表。
WordPressテーマTCDを運営しながら、ブログやメルマガで好き放題書いて暮らしてます。

記事一覧

関連記事

反抗期は大人にもある

一般的には幼児期に第一反抗期、中学生くらいに第二反抗期が来ると言われています。でも、本当でしょうか。反抗期が必ず来るとも思えないし、逆に大人にもあると私は思います。時期で…

  • 125 view

嫉妬がなぜ恐ろしいかという話

昨今SNSの存在によって至るところで「嫉妬」が可視化される時代になったと私は思っているわけですが、嫉妬によって没落していく人も多く目にするわけです。というわけで、現代の嫉…

  • 1189 view

褒められて浮かれない

そう言えば、最近は会ってませんが以前は毎月顧問税理士と会っていたんですよね。彼は会うといつも業績を褒めてくれるわけです。売上が上がっても下がってもいつも褒めてくれる。…

  • 105 view