(映画)時間=お金。未来の超格差社会を描いた「Time」

  1. 世の中
  2. 41 view

「Time」というSF映画の設定がおもしろかったのでシェアします。

どんな設定かというと、この世界には貨幣が存在せず、お金の代わりが時間なのです。例えば、バスに乗るのに自分の時間を2時間売る、給料は時間で支払われる、といった感じです。つまり、モノ・サービスを買うには自分の時間(寿命)を差し出すことが必要で、時間を稼ぐためには働いたり、商いや投資、あるいは強奪などして稼がなければなりません。

そして、この世界ではすべての人間が25歳になると見た目が衰えなくなる遺伝子操作がなされており、25歳までは誰もが寿命で死ぬことはない。しかし、25歳を超えるとカウントダウンが始まり、自分の時間(寿命)がゼロになると突然死ぬのです。

この世界には寿命が数日しかない「その日稼ぎ」の人々が無数に存在する一方で、一部の超富裕層は寿命が1億年とかあります。スラムは物価が高く、あえて早く死ぬシステムが採用されています。なぜ早く死ななければいけないのか、それは超富裕層が生きるためです。

「時間」というものを使って、ミクロだけでなくマクロの視点からも現代の経済システムを暗喩している点が素晴らしいです。よろしければどうぞ。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスの代表。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

関連記事

同調圧力って本当にあるの?

同調圧力。日本は同調圧力があるというのは時折ネットで見かける意見です。ですが、果たして本当に同調圧力はあるのか。あるなら、その正体は何か。本稿ではここを検証してい…

  • 89 view

ハウスメーカーの建てた家はオモチャの家

ハウスメーカーが建てた建売・注文住宅は飽きが早い。なぜなら、住む人訪れる人の心地よさ、景観として見たときに人がどう感じるかの感覚的要素が抜け落ちているからです。ただ機能が…

  • 84 view