「あり金は全部使え」論について

  1. お金
  2. 108 view

「あり金を全部使え」という人が最近増えています。本稿ではそれについて考察してみたいと思います。

やりたいことをやりたくてもお金がなければ出来ないことはたくさんあります。欲しい物や食べたいものについてもお金が必要です。自分の欲求を叶えるにはお金が必要なことが多いわけですね。

自分の欲求を叶えることは楽しいですし、そこから得られる学びもあります。お金を使うことで体験を積み、自分を成長させることができるので、大事なことなわけです。それについては前の記事にも書いたのですが、残ったお金の大部分を貯金や保険にばかり回して、やりたいことに使わなければ体験を積むこともできませんし、心も貧困になっていきます。

さて、ここまででお金を使うことの有用性を書きましたが、じゃあ次は手持ちのお金を全部使ったらどうなるかという話です。当然、生活に困るという話になります。どれだけ固定費を抑えても、生きていくには一定のお金は必要だからです。「あり金を全部使え」という人は、家族、持ち家、車は無駄なコストだと言っていますが、仮にそれらを手放しても生活コストはかかります。だから、あり金は全部使わないほうがいいのです。

ただ、あり金を全部使っても問題ない人もいます。それは多くのお金が頻繁に入ってくる人です。例えば、毎日10万円が入る人だと今日持ち金をすべて使ったとしても、明日また10万円入ってくるので問題ありません。つまり、自分たちは先のインカムが見通せるからこそできる発言であるということと、そうした発言をする人は高収入な人に限られるということです。

実際、お金をたくさん得ようと思ったら、どこにどう使うかは結構重要です。衝動的にやりたいことや欲しい物にお金を使うこともありなのですが、まだ収入が少ない内はリソースの幅も小さいので、優先順位をどうするかが絶対的に重要だったりします。

お金がないのに自分探しの旅をするよりは、地に足をつけてやるべきことにお金を使っていった方がいい場合もあります。仕事の道具を揃えたり、広告や商品開発に投資したりですね。今の自分にとって何が必要かはその時々によって変わるということです。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。2007年に独立、会社を2社経営。
WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

大人の小遣い制は今すぐ廃止しよう

結婚するとお小遣い制にする家庭が多いわけです。その額は30,000円〜40,000円/月の幅がもっとも多く、半数が昼食代込みとのことです。弁当持参の家庭なら平均30,00…

  • 76 view

多くの人が知らない保険の本質

現代では多くの人が当然のように加入する保険。生命保険や医療保険、学資保険、車両保険など生活のいたる所に浸透しているわけです。また、法人においても節税型保険は利益の出ている…

  • 1113 view

評価経済は本当に来るのか?

最近、巷でよく聞くようになった「評価経済」という言葉。「信用経済」とも言うらしいです。昨今流行っている「オンラインサロン」の先駆者でもある岡田斗司夫さんが恐らく最初に(?…

  • 1357 view

投資とビジネスはどちらが収益率が高いか

本業をそっちのけにして投資や資産運用にハマる経営者を私はたくさん見てきました。でも、そういう経営者はたいていその後本業がコケるんですよね。投資の方も会社の屋台骨を支えるほ…

  • 165 view

銀行に預けるよりマシな投資先とは?

「銀行に預けておくよりはマシ」ということで株とか買ったり人は多いわけです。「お金に働かせる」と言ってね。でも、私はあんまり儲からないと思ってるわけですよ。なぜなら、投資で…

  • 241 view