ブログで月数万円の収入から伸びない人へ

  1. ウェブメディア
  2. 2748 view

「ブログで月数万円は稼いでいるけども、そこから伸びない」という人は多いと思います。でも、毎月数万円の売上がブログから上がっていることは本来すごいことなんですね。キャッシュポイントを何に設定しているかにもよりますが、それなりのボリュームのユーザー数があるか、ないとしても説得力のあるページを作れているということだからです。ですから、今あるブログを起点として売上を少しずつ伸ばしていけば、いずれ3万円が30万円に変わっていくわけです。

というわけで、この記事では”ブログを起点とした”収益アップ方法をお伝えします。手段を広げますが、あくまでもブログが起点であることがポイントです。

コンテンツ販売をする

例えば、それなりにアクセス数があるのなら、1,000円でも2,000円でもいいのでコンテンツ販売をしてみる。そのブログで公開されている情報をさらに掘り下げたもの、機密情報、パーソナルな情報の部分を有料とするのです。売れるコンテンツは情報だけではありません。イラストや素材を販売したっていいのです。ご自身が作れるコンテンツにコミットしてみましょう。

あとはこれまで通り、誰にでも見れる記事は更新しつつも、一部有料コンテンツを3つ4つと増やしていけば、ドンと収入が増えるわけではないですが広告とは別の収入源を増やすことは、今まで拾っていなかったユーザーを囲い込むことにも繋がります。

WordPressなら保護ページ(※保護ページ事例)という機能を使います。TCDの保護ページカスタマイズ機能を使って、問い合わせフォームプラグインを入れ、自動送信で決済情報を送信する。決済が確認できたら、保護ページのパスワードを教えてあげるというやり方ですね。低いハードルで簡単に始められます。

記事の有料化が手軽にできる「note(ノート)」というサービスもありますが、こちらもアメブロなどと同様、いつ削除されるか分からないものです。また、運営が身内界隈と有力インフルエンサーでユーザーを回そうとする思考が透けて見えますので、プラットフォーム依存の方向より自分のブログを伸ばした方が手堅いでしょう。何より安くない決済手数料がかかりますし。下の記事も併せてご参照ください。

仕事依頼ができるようにしておく

ブログで売れるのはコンテンツだけではありません。例えば、音楽が作れるなら制作を請け負ったっていいわけです。仕事依頼の応募フォームを用意して、門戸を開いておきましょう。

余談ですが、ブログだけで収入を得ている人は、クライアントを取って仕事することを嫌がります。なぜなら、人とコミュニケーションをとったり、労働することを嫌うからです。音楽制作であれば、時間を売っている感じがして嫌なのでしょう。ブログやコンテンツ販売のように手離れが良いビジネスがいい、というのも理解できます。

でも、月数万円では生活はできません。説教臭くなるかもしれませんが、生活できていないなら何でもやってみる気迫がある人でないといずれにせよ長続きせず、消えていくことになります。もう確実に。

私も一時期ホームページやバナー制作を請け負っていたことがあります。自分の力不足もあるし、コンテンツ制作と並行して進めていたので大変だったわけです。でも、今となっては貴重な経験です。TCDの制作に活きていますからね。

メルマガを発行する

メルマガは強力です。うまく読者を増やせれば、一発逆転の可能性があります。とは言え、読者がいなければ始まりません。読者は一気に増やせるものではないので、気長に増やしていくつもりでやりましょう。

まずは記事のフッターなり、CTAを使ってメルマガ登録フォームに誘導します。登録してくれた読者には何かしら無料のプレゼントをしてあげるといいでしょう。無料で現物を配布するのはコスト面で難しいので、デジタルコンテンツが良いでしょう。あとはブログ同様メルマガで定期的に情報発信します。メルマガはセールスに適したメディアなので、最初に挙げたコンテンツ販売にも活用できます。

ここまでの仕組みができれば、あとはブログのアクセス数を増やしていくだけです。アクセス数に比例するようにメルマガ読者の登録数も増えていくことでしょう。

バナー広告、記事広告を導入する

グーグル広告やA8などのアフィリエイト広告を利用している人も多いと思いますが、その広告スペースを企業へ純広告として販売するのです。月単位でも3ヶ月単位でも構いません。また、同時に記事広告も募集します。クライアントの商品をレビューする記事を書いて、お金をもらう。いきなり広告の出稿依頼なんてないんじゃないかと思うかもしれませんが、案外広告主はニッチな分野で影響力のあるメディアを探しているものです。私も広告主として広告の出し先を探す側ですが、なかなかいいメディアって見つからないんですね。むしろ、広告枠あるよって方、私に連絡ください。

そんな中、出血大サービスくらいの勢いでコスパの良い広告スペースを提供したら話題になるかもしれないし、企業はリピートしてくれます。記事広告は執筆の手間がかかりますので、安くすると言っても限度がありますが、クラウドソーシングで時給300円とかで働くよりはずっと先の展開が明るい労働です。価格を適正水準に上げていくのは、広告事業が軌道に乗ってからでも遅くはないのですから。

安定して収入が入るアフィリエイトを導入する

私も7年か8年くらい前に作成した記事から未だに毎月5万円ほどの収入があるページがあります。たった1つのページでです。そのページは作成後1度しかリライトしていないんですが、それでもずっと収入があり続けるわけです。なぜかというと、トップページからそのページにユーザーが流れる導線を用意しているからです。

もう一つ言うと、8年間もずっと有効なアフィリエイトリンクを提供し続けてくれる広告主のおかげとも言えます。アフィリエイトは案件によってはすぐにリンクが無効化したり、キャンペーンが終わってしまったりするものもあります。そういうものは選ばず、長期でアフィリエイトできて、なおかつページの更新頻度が低くても収益が上がるものを選ぶようにします。

手前味噌ですが、弊社が運営するアフィリエイトASPもその1つです。私がアフィリエイト経験者なので、売り込まなくても報酬が上がりやすく、長期で紹介できるものが良いということで運営しています。実際、紹介してくれているアフィリエイターさんを見ていると一度ページ作ったら放置気味の人が多いです(サイト自体は放置ではなく、更新されている)。

LPを作成し、そこに広告を打つ

WordPressには固定ページというものがあり、TCDであればサイドバーを外した1カラムページが作成できる機能があります。必ずしも1カラムでなければいけないわけではありませんが、そこでメルマガ登録に誘導する目的のLPを作ります。先ほどの「メルマガを発行する」で作成したLPを利用してもいいでしょう。

LPを1つ作成したら、GoogleAdwordsやFacebook広告に出稿します。これらは低単価からの出稿が可能で、コストを制御しやすいのでおすすめです。もちろん、コスパが高いのであれば他の広告でもいいです。1リストを取得する為にかけられるコストはあなたの商品の収益力によって変わってきますが、一般的相場から言えば1リスト500円で取得できれば上出来です。ただ、昔は1リスト200円でも高いと言われていた時期もあるし、当てにならないんですけどね。なので、1リストの単価はビジネスの収益力次第で変わってきますね。

まとめ

キャッシュポイントを増やし、徐々に勢力を拡大していったらあとは専門分野に集中していくと良いでしょう。自分がやりたいことに力を注いでもいいですし。いずれにせよ、現在ブログで月数万円の収入があるという恵まれた状況、土台をまず活かした方がいいでしょう。やりたいことをやるのは、ブログを起点にしてまずは生活を安定させてからです。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

大阪生まれ。株式会社デザインプラス代表。WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

閑古鳥が鳴いているECサイトの特徴

色んなECサイトを見ていると寂しさを覚えるものが少なくありません。商品数が少なく、商品紹介にも熱が入っていない。人がいる雰囲気がサイトから感じられないのです。お客さんだけ…

  • 86 view