自分のスタイルはやればやるほど洗練されていく

  1. ウェブメディア
  2. 140 view

前の記事で予告していた通り、今月で100記事をクリアしました。予約投稿でまとめて書くことも多いですが、2月3月は1日あたり平均2〜3記事と比較的ハイペースでに進めてきました。本気出せば毎日20記事書けそうですが、一応他にもやらないといけないことがありますんで、このペースが丁度良い塩梅というところでしょうか。とは言え、忙しくなってきたらこのペースも自分ひとりで続けられないかもしれませんが、やれるとこまでやっていきます。

さて、「QORE」の記事をどんどんアップしていく中で気づいたことですが、ブログは書けば書くほどスタイルが固まってくるんだなと改めて思いました。これはブログに限ったことではありません。スポーツにしたって、ユーチューバーだって同じです。動画をアップしまくってる内に自分のスタイルが確立されていくわけです。漫画だって連載開始時と3年後では全然スタイルが違ってたりしますけど、どちらが洗練されているかと言うとたいていにおいて後者です。

スタイルが確立されると何が起こるか?それはファンの定着です。最初は色んな種類の記事があって、読み手もそのスタイルに慣れていない。「QORE」の場合も運営開始当初はハウツーだったり切り裂くような記事だったり、色んなものが混ざっていたわけです。でも、記事を書き続けることで、その色んなものが自然な形で統合されていき、一つのものとして読者が認知してくれるようなものになる。これが「QORE」なんだ、というふうにね。

「QORE」の記事に関しても、私は意図的にスタイルを変えたわけではありません。自分が読者に伝えたいことを書き続けただけです。だから、急激に変わったということもないわけですが、私の中ではスタイルが変わったことを感じている。まだ100記事しかアップしてませんので、これからもどんどん変わっていくと思いますが、いずれQORE節というものが自然と出来上がってくるかと思います。それは自分のスタイルということでもあります。これが私が普段からメルマガで言っている「量が質をつくる」ということです。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。2007年に独立、会社を2社経営。
WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

最初のブログは失敗しよう

ブログで稼ぎたいと思っている方へ。最初のブログは失敗するつもりでやる方がいいと私は思います。なぜか?失敗するからです。最初のブログは大いに失敗して、閉鎖す…

  • 42 view