結果が出なくても我慢が必要な時とそうでない時

  1. ウェブメディア
  2. 111 view

スポーツでもブログでも我慢が必要な時があります。

どういうことかというと、行動してから結果が出るまではタイムラグがあるからです。上の記事でも触れましたが、ブログの場合は3ヶ月から6ヶ月(ステージ1)、起業なら黒字化するまで数年かかることもある。今のまま続ければいいのに、結果が出ないからと言ってすぐに不安になってしまい、やり方を変えてしまったり、ブログ自体を辞めて他のことを始める人がすごく多いわけです。これはブログに限らず、何でもそうですね。こういう不安症、自分に自信がない人は何をやっても続かないし、結果も出ないわけです。

記事を書いてもアクセスが集まらないと、記事のテイストを変えたりする。でも、たいていは結果が余計に遠ざかってしまうのです。だから、自分がそうしようと決めてやっていることは結果が出ていなくても我慢が必要な時がある。

私は自分がこういうやり方でいこうとか、こうしたいと思って決めたことは簡単に変えないようにしています。変えると、また一から出直しだからです。今のやり方を捨てて、慣れてないやり方に切り替えるわけですからね。だから、今の自分のスタイルを磨いたり、改善する方向で記事をアップしています。売れている人の真似をしたり、本に書いてあることを参考にしたりはしない。あくまで自分が今までやってきたスタイルを基準に変えていくわけです。

また、今までやってきたスタイルを捨てるにしても結果が出てからにします。なぜかというと、結果が出るまでやってきたのであれば、忘れようにも忘れられないからです。自然と身についているから無意識にそれが出来るようになっているのです。その時、始めて新しいやり方にチャレンジする。そうすると、今までのやり方に加え、新しいやり方まで会得できるので、対応範囲が広がるというわけです。

もし結果が出てない状態で進路変更する時は自分がやり切ったと思えたときです。すべてを出し切っても結果に反映しないようなら、これ以上は無理なことなのかもしれませんし。ただ、逃げるのが嫌だという気持ちがまだどこかにあるなら続けた方がいいとは思います。要は完全燃焼の状態にあるかどうかです。

ブログに限らず、スポーツでも他の仕事でも同じですが、「俺って大丈夫だろうか?」と不安になってやり方を変えるとたいていうまくいかないですね。何より勢いを落としてしまいます。だからこそ、こうと決めたら真っ直ぐに進むことをオススメするのです。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。2007年に独立、会社を2社経営。
WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

ホームページの定義とは

「ホームページの定義」ってなんだと思いますか?ページの開設・閉鎖を自分で決められることWikipediaにはウェブブラウザを起動した時に表示される…

  • 73 view

ネット通販の収益率を上げる方法

今はネット広告とネット通販が好調なわけです。でも、どうやってネットを使って売上を上げればいいかを知っている人は少ないものです。ネットショップを開設したり楽天市場に…

  • 61 view