なぜうちがアドセンス広告を使わないのか

  1. ウェブメディア
  2. 1644 view

この記事はGoogle AdSenseを否定するものではありません。ただ、うちが運営しているメディアのほとんどにアドセンス広告を入れていない理由の中に、ウェブサイトのマネタイズのヒントが隠されているので、あえて否定的なタイトルで書きました。

アドセンスのメリットは言うまでもなく、誰でも簡単にアクセスをマネタイズできることです。商品がなくても、アフィリエイトのように成果が上がらなくても、クリックされるだけで報酬が得られる。しかも、広告もユーザーの趣味嗜好やサイトの関連性に合わせて表示される。収益化のハードルが実に低く設定されているプログラムなわけです。ユーチューバーもアドセンスでガンガン稼いでいますよね。

では、なぜうちがアドセンスをウェブサイト内に貼らないかと言うと、自社製品を持っているからです。自社製品を持っていれば、そこにアクセスを流した方がいい。なぜなら、そっちの方が圧倒的に収益率が高いからです。

これが実にシンプルな事実ですね。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」を無料公開

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

ネット通販の収益率を上げる方法

今はネット広告とネット通販が好調なわけです。でも、どうやってネットを使って売上を上げればいいかを知っている人は少ないものです。ネットショップを開設したり楽天市場に…

なぜ「QORE」をつくったのか

私の立場は経営者なので、実務をやるより経営に集中した方が経営者的には正しいわけです。でも、今まさにバリバリと記事を書いている。最近はこのサイト「QORE(コア)」だけでも…