自分の「最高の状態」を作るための投資

  1. お金
  2. 203 view

私が1人か2人で会社を経営していた7,8年前は月商で200〜900万円ほどはあったわけです。今は組織でビジネスをやるようになり、人数も売上規模も10倍以上に成長したわけですが、その頃と今とではお金の遣い方はそこまで大きく変わりません。

食事に関しては今でも安定の牛丼屋に行きますし、昨日の夕食もうどんです。たまに高級料理屋にも行きますが、月1,2回程度です。お金を稼げるようになった頃は会席とかフレンチとかに社会勉強として行きまくりましたが、あんまり興味なかったんでしょうね。最近はむしろ行かなくなりました。なので、食事に関しては逆にお金がかからなくなってると思います。

住むところはどうか。家の家賃も月20万円ほど。高いと思われそうですが、私と同程度の収入の人が200万円のところに住んでたりするのでむしろ安いかと思います。服やアクセサリーに遣う金額も7,8年前とさほど変わらないですね。

では、変わったところはどこか。集中して仕事をするための環境にかけるお金が増えました。昔は集中したい時には地方にある、ちょっといいホテルに泊まって仕事したりしていました。最近は海外のホテルやカフェを利用するようにしています。例えば町中だとテラスで仕事したり、南国だと海の前にあるカフェとかで仕事するわけです。写真は10月のパリです。フランスでは特に目的もなかったので観光もせず仕事と散歩と食事という日常を過ごしていました。

パリのカフェ

いかに仕事を心地よくするか。心地よくすることで全体のパフォーマンスを上げる。ここにお金を使っているわけです。一見無駄のように見えて、私にとっては投資なんです。

この投資はお金がない頃からやっていました。例えば、自動販売機で買ったコーヒーを公園で飲む。コーヒーを飲みながら、考えたことをメモ帳に書き留め、帰宅後パソコンでメモ帳に書いたことを実行する。これが原点なわけですけど、公園での作業は楽しかったし、家でやるのとはまた違って頭がクリアな状態で仕事ができたわけです。それで少し収入が上がってカフェに行くようになり、安いビジネスホテルに泊まるようになり、と少しずつ投資の幅を広げていった。

自分にとって最高のパフォーマンスを出せるような投資を惜しまずやってきたことは、単純に効率が上がるだけでなく、知見を広げ、経験を深め、仕事にも良い影響を及ぼしてきたと思っています。もちろんどこに投資するかは人それぞれだと思いますので、自分にとって心地よいところを探してみてください。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」が無料で使える

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

大人の小遣い制は今すぐ廃止しよう

結婚するとお小遣い制にする家庭は多い。でも、大人のお小遣い制は百害あって一利なしなので、今すぐにでも廃止すべきです。理由はこちら。 働く意欲がわかない…

貧乏になりやすい人のお金の使い方

誰が何にお金を使おうが、究極的には人の勝手。衝動でお金を使うことで得られる快感もある。どこで快感を得られるかは人それぞれ。だから、人のお金の使い方には口出すのは野暮という…

トイレ掃除するとお金持ちになれるのか

この前、とある大阪の喫茶店のトイレに「トイレを3分掃除するとお金持ちになれます(うろ覚え)」といったタイトルの本を紹介した新聞の切り抜きが貼られてました。トイレを綺麗に使…

平均年収が上がっても豊かにならない理由

日本は平均年収が30年間ほぼ横ばいだそうです。>> サラリーマンの平均年収「443万円」だが…30年前より〈約30万円も減った〉衝撃。働き続けても「年収が上がらず、む…

お金が欲しいと言えない大人が増えている

お金って大切なものですよね。これって小学生でも分かることだと思うんですよ。子供にお年玉をあげると、すぐに中身を確認したりして飛び跳ねて喜ぶわけです。試しに「お金好きなの?…