お金が欲しいと言えない大人が増えている

  1. お金
  2. 211 view

お金って大切なものですよね。これって小学生でも分かることだと思うんですよ。子供にお年玉をあげると、すぐに中身を確認したりして飛び跳ねて喜ぶわけです。試しに「お金好きなの?」って聞いてみると、「大、大、大好物!」なんて淀みのない声で返ってきたりして。で、「なんで?」って聞くと、「欲しいもの買えるもん」だって。清々しいですね。

お金とはそういう単純な話で、好きなものが買える、やりたいことができるということに直結している。自分の欲求を満たすことができる。心を潤わせてくれるツールでもある。最低限の生活をするのでもお金がなければ成立しません。だから、お金は生きていく上で現実的にかなりの比重を占めるものだし、それゆえに現代の社会システムでは人はお金を欲するんです。その証拠として、みんな有名人の収入や資産の話が好きだし、書店でもネットでもお金の情報がもっともたくさん出ている。

でも、不思議なことに「お金が好き」「お金が欲しい」ってはっきり言える大人って少ないわけです。どこの年齢を境にそうなってしまうのか分かりませんが、社会人だったら若い子でも「お金じゃないんです」とか「お金よりも大切なものがあるので」と浮いた言葉を使うようになる。「浮いた」と表現したのは現実離れした言葉だからです。で、これが不幸を生み出していると私は思うんですね。

現実にはお金が必要、というか自分の行動や精神に大きく影響しているものなのに、「そんなことはない」と言い聞かせて生きている。それは自分に嘘をついているとも言える。正直に生きていないのです。

自分に嘘をつく人は無意識の内に他人にも嘘をついてしまいます。なぜ無意識かと言うと、自分では常識と照らし合わせた美談を語っているつもりで、魂の声をそのまま発しているわけではないことに気付いていないからです。で、問題なのはそういう人ほど綺麗なお金の稼ぎ方や自らを解放させた生き方ができないことです。

先ほどの子供を例に取ると、お年玉を上げたのに「お金は大切なものじゃないのでいりません」とか言い出す子供だったらどうでしょう。単純に気持ち悪いですね。この世界を素直な心で見ているのかどうかがお金に対する価値観でわかるということでもあるわけです。自分の魂が求めていることは実はシンプルなことだったりするわけですが、正直になれないことで物事を複雑にし、日々迷える人が生まれているわけです。

追記:続きを書きました。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。25歳で個人事業主、2010年から株式会社デザインプラス代表。
WordPressテーマTCDを運営しながら、ブログやメルマガで好き放題書いて暮らしてます。

記事一覧

関連記事

「保険」について考えてみました。

生活に身近な保険についてのお話しです。保険は元々はギャンブルから派生したものだと言われています。大航海時代に航海の成功・失敗などに賭け、次第に保険の形が出来上がっていった…

  • 173 view

冬の時代にはキャッシュが活きてくる

企業の内部留保が近年問題になっていたわけです。大企業の多くは利益を溜め込むばかりで、投資もしないし関係者にも還元しない。だから社会に回るお金が少なくなって、デフレが収まら…

  • 59 view

トイレ掃除するとお金持ちになれるのか

この前、とある大阪の喫茶店のトイレに「トイレを3分掃除するとお金持ちになれます(うろ覚え)」といったタイトルの本を紹介した新聞の切り抜きが貼られてました。トイレを綺麗に使…

  • 213 view