人材不足を解決するなら「採用サイト」

  1. 経営・起業
  2. 146 view

人材難が叫ばれる昨今。人不足を解消するのに欠かせないのは人の流れです。多くの企業は人の流れをつくるために求人媒体に広告を打ったり、説明会を開いたりするわけです。

でも、求人にかかるコストはいずれも高くつくものばかりです。しかも、求人広告はライバルがひしめいている上に、誌面上で条件引き下げ合戦が行われているので、満足の行く応募数を確保することも難しい。企業によっては「応募数<募集数」や「応募数=募集数」という状況だったりするわけで、それでは効果的な人材採用はまずできません。

では、どうすればいいか。

条件・待遇を良くすればいいか。それも方法の一つですが、他に合わせて応募条件を変えていくと自らの首を締めかねません。企業として健全な活動ができなくなる可能性もあるのです。かと言って、ハローワークに広告を出してもなかなか良い結果は得られませんよね。そもそもハローワークの掲載はどの企業でも考えることですし、ライバルが多すぎます。

でも、1つだけライバルに条件・待遇を合わなくても、あなたの企業にマッチした人材を採用する方法があります。自社専用の「採用サイト」を作ることです。

「なんだ、そんなことか」と思うかもしれませんが、本格的に力を入れている企業は未だ少数派なのです。たいていはコーポレートサイトの隅っこに1ページ使っているだけで、このサイト自体もアクセスが少ないから誰も見ない。募集要項しか掲載されていない求人に何の効果もありません。それではハローワークの求人広告と同じです。

コーポレートサイトの一部ではなく、「採用サイト」を別に1サイトつくるわけです。そこでは経営陣のメッセージであったり、日頃の業務、先輩たちの声をコンテンツとして入れてもいいでしょう。商品へのこだわりを入れるのもよしです。コンテンツがあるから、人の流れを作り出せるのです。

メッセージに賛同してくれた人と条件だけに引きつけられた人とどちらがあなたの企業にマッチしているでしょうか。自社に最適な人材を採用するためにも「採用サイト」は役に立つのです。

もう一つ言うと、「採用サイト」はECサイトやランディングページなど、売上に直結するサイトと同じくらい売上に影響します。「採用サイト」の場合は、直接的ではなく間接的に売上に影響するんですけどね。例えば、一人の優秀な人材を確保するだけで売上が伸びたり、社内のウィークポイントを解消できたりする。採用サイトの作成にコストがかかったとしても、採用がうまくいくことで十分元はとれるし、そもそも求人広告に出すよりもずっと低コストで良質な人材が確保できる。

モノを作ったり生み出したりするのに、人は欠かせないものです。どういう人材を集め、育てるかによって何が出来るかも変わってくるわけです。優秀な人材が常に行き来するチームを作ることは自分たちがやりたいことの目標へと近づくことなのです。

こうした、まだ誰も力を入れていないやり方を取り入れることで、能動的に自分がつくりたいチームを構成することができる。もし、あなたが人材採用で悩んでいるなら、採用サイトの構築に本格的に乗り出すことをおすすめします。

「採用サイト」をサクッと作りたいならコレ↓
WordPressテーマ「AGENT」

ちなみに、当社の採用サイトではこちら↓を使ってます。
WordPressテーマ「VENUS」

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。2007年に独立、会社を2社経営。
WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

売上成長率は指標の1つに過ぎない

経営の教科書的な書籍には、経営に関するセオリーが書かれているわけですが、実態とかけ離れていると感じることが少なくありません。セオリー通りの傾向はあるのかもしれないですが、…

  • 102 view

資本金を55,555,555円に増資しました。

昨年末、私が経営する株式会社デザインプラスという会社の資本金を1円から55,555,555円にしました。以前から税理士から指摘されていたことでして、1円のままだと企業の信…

  • 415 view

デジタルデータ販売の強み

この会社を創業以来、当社ではデジタルデータの商品しか扱ったことがありません。現物のモノを売ったことはないのです。例えば、このブログもデジタルデータですし、TCDも…

  • 68 view