「お役所仕事」は民間企業もやっている

  1. 経営・起業
  2. 406 view

お役所仕事とは、形式的かつ非効率な仕事を指します。仕事のための仕事が大量にあったりと、実用的ではない仕事があるのが特徴です。

本来は公務員の仕事ぶりを指す言葉でしたが、最近では民間企業にも当てはまります。

仕事のルール化、テンプレ化、コピペ化が進むことで、形式的になっていく。ルールは自然発生的に組織内で増えていくからです。

ルール化、テンプレ化、コピペ化が進むと一見効率的になるように思えますが、ルールを守るための作業が大量に発生するため、結果として非効率になります。

例えば、数百円のアプリを買うために稟議書を作成したり、書類の二重三重チェックしたり、新しいチャットツールを導入するためにプレゼン資料を作成し会議に会議を重ねるみたいな。

民間企業がお役所よりお役所仕事になりがちなのは、お役所より自由であるがゆえにお手軽にルールがつくれるからです。

結果として、融通が利かない、頭がかたい人が民間企業にも多いわけですね。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」を無料公開

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

オフィスワークの3つの無駄とは

前回「なぜリモートワークが流行らないのか」の記事でリモートワークに対する疑問に答えましたが、この記事ではオフィスワークのデメリットを挙げてみたいと思います。もちろ…

起業家に社会不適合者が多い理由

起業家や経営者にはこんなイメージがあるかと思います。・優秀・「社会を変えたい」などといった理念があるたしかにそういう人もいます。しかし、自覚的にも無自…

利益率

利益率を上げる方法

日頃から利益率に目を向けて会社経営をしていると、社会に大きな変化があっても並大抵のことではびくともしません。利益率は経営基盤の強さの源泉だからです。特に小さい会社…