大企業が雇用しない時代も案外近い?

  1. ワークスタイル
  2. 147 view

タニタの社長が書いた本を読みました。

タニタの働き方革命 | 谷田千里, 株式会社タニタ | Amazon

企業が雇用という選択肢をほとんど選ばなくなる。これは時代の流れです。5年後なのか10年後なのかはわかりませんが、いずれ訪れるわけです。これは自然の摂理とも言えるでしょう。

そして、タニタのような大きな企業でもそういう流れが進んでいるというのがわかります。外部でできることは外部でやり、雇用形態からフリーランス形態への移行を進め、成果に応じた報酬を支払っていくと。そうすることで、発注側は無駄なコストを減らすことができ、受注側も自由なスタイルで働くことができ、納品分だけ報酬をもらうことができる。お互いにwinwinの関係がつくれるというわけです。

おもしろいのは、大きな会社にもそういう流れが来ていること。私はあと5年10年かかるかなと思っていましたが、もしかしたら案外早く来るかもしれません。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」が無料で使える

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

あなたの時給はいくら?

「生産性を上げたい」場合に効果的な方法があります。それは自分の時給を決めてしまうことです。あなたが時給1万円もらっていると仮定したらそれだけの仕事をしなけ…

年齢を重ねるほど諦めが早くなる

年齢を重ねた人ほど、諦めるのが早く、粘りがないわけです。だけど、これは一概にすべての人に当てはまるわけではありません。人によって結果は分かれるわけです。ただ、傾向として年…

「面倒くさい」は悪

いろいろな人と仕事していて思うのは、仕事を「面倒くさい」と思ってやっている人が多いことです。でも、「面倒くさい」は悪なんですよね。何かをお願いすると、まずは「面倒くさい」…