自分が心を動かされた広告はコピーのヒントになる

  1. コピーライティング
  2. 454 view

私たちは看板やポスター、CMなど無数の広告に囲まれて暮らしているわけで、その中にはビジネスのヒントがたくさんあるわけです。特に素晴らしい商品には素晴らしいコピーがセットになっていることが多く、そういうのを見るとゾクゾクするわけです。

今パっと浮かんだ中での勢いを感じるサイトはこちらでしょうか。

STUDIO

星のや

素晴らしいコピーからは、ライターから「こんなすごいの作ってんだよ!」というドヤ感が伝わってきますが、この自信が大切なんですね。前提条件として、素晴らしいコピーには素晴らしい商品・サービスがあることが必要ですが、商品の魅力にライター側が共感していることもより重要です。ライター自身が何も感じておらず、単なるスペックやメリットの羅列だと、いい意味でのドヤ感は出てこず、ただの煽りになってしまいますので。

コピーライターは売れた商品のコピー集であるスワイプファイルを持っていると言いますが、売れたものより(それも大事だが)こういうエネルギッシュなものを感じるコピーに触れた方がいいと思うんですよね。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

大阪生まれ。株式会社デザインプラス代表。WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

ABテストは本当に必要か?

ウェブマーケティング関連の話でいうと、「ABテスト」は必須に近いコンセンサスがあります。ウェブマーケティング関連のメディアでもABテストの話はどこでも出てきますからね。…

  • 741 view

ライター業は稼げないのか?

10年ほど前に元デザイナーの人に「なんでデザイナーやめたんですか?」と聞いたら「デザインは稼げないからですよ」と言われたことがありました。当時、私は「そんなものなのか」く…

  • 714 view