今後TCDはどういうWordPressテーマを開発していきたいか

  1. 商品力
  2. 162 view

TCDではこれまで70作以上のWordPressテーマをリリースしてきました。国内では最大級でしょう。また、少しデザインを変えただけで商品数を増やすやりかたはやっていないので、1テーマごとに相当な時間と人の力を使っているわけです。ですから、「ネタは尽きないのか?」という質問をされることがありますが、ネタは尽きるどころか増えていくばかりなのです。今後もつくっていきたいものがたくさんあります。

例えば、日本をテーマにしたものはもっと作っていきたい。これまでGENSENKADANTOKIMIKADOなど和テイストのものは作ってきましたけど、まだまだ足りないんです。日本の伝統文化はもっと広くて深いものでしょう?そこに見合うほどのバリエーションはまだないんです。「和のウェブサイトをつくりたいならTCDに行けば必ず見つかる」というくらい万全な体制を用意しておきたい。きっとゴールなんてないのでしょうが。

和風デザインだけでなく、EC、ブログ・アフィリエイト系、動画やSNS系も充実させていきたいですね。飲食店だってまだ制作していない分野やテイストが数多くあります。それらを充実させていくことは、Web業界において計り知れない価値を生み出すことだと思ってます。

ただ、その実現のために単には数を増やせばいいわけではない。クリエイターたちの気力を爆発させて1つ1つ丹精につくられるから意味があります。「とりあえず数だけ増やしておこう」っていうのは他が勝手にやるし、やっても世の中に資産も文化も育まない無意味な行為です。我々には我々しかできないことをやりたい。

サイトを運営したい人がTCDのラインナップを見て、「自分も作ってみようかな」「こんな活用ができるんだ」といったインスピレーションが得られる存在では今後もあり続けたいですよね。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」が無料で使える

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

関連記事

つくっている時間が楽しいからつくる

モノをつくるって楽しいんですよ。仮に周りから見て稚拙なモノをつくったとしても、自分が創意工夫して作るというのは楽しい。というより、楽しい、楽しくないという意識すら持たない…

  • 115 view

売れる要素としてのわかり易さ

ヒット商品には分かりやすいものが多い。多くの人に理解されることが、ヒットの大前提だからです。ただ、この記事にも書いたようにわかり易さだけを追求すると、背品の品質が上がらず…

  • 1843 view

厳しい環境下で生き抜く秘訣

コロナで様々な業種の売上に影響が出ています。ただ、同じ業態・地域でもあまり影響がないところ、大打撃を受けているところと千差万別です。コロナ前は予約がとれなかったの…

  • 87 view

売りたい < 一番最高なものを作りたい

私たちは商品をつくる時、「売れる」ことよりも「一番最高なものを作りたい」意識がどうしても先にあるわけです。こんなことが出来たら革新的だとか面白いとか驚くだろうとかですね。…

  • 1289 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。