今後TCDはどういうWordPressテーマを開発していきたいか

  1. 商品力
  2. 111 view

TCDではこれまで70作以上のWordPressテーマをリリースしてきました。国内では最大級でしょう。また、少しデザインを変えただけで商品数を増やすやりかたはやっていないので、1テーマごとに相当な時間と人の力を使っているわけです。ですから、「ネタは尽きないのか?」という質問をされることがありますが、ネタは尽きるどころか増えていくばかりなのです。今後もつくっていきたいものがたくさんあります。

例えば、日本をテーマにしたものはもっと作っていきたい。これまでGENSENKADANTOKIMIKADOなど和テイストのものは作ってきましたけど、まだまだ足りないんです。日本の伝統文化はもっと広くて深いものでしょう?そこに見合うほどのバリエーションはまだないんです。「和のウェブサイトをつくりたいならTCDに行けば必ず見つかる」というくらい万全な体制を用意しておきたい。きっとゴールなんてないのでしょうが。

和風デザインだけでなく、EC、ブログ・アフィリエイト系、動画やSNS系も充実させていきたいですね。飲食店だってまだ制作していない分野やテイストが数多くあります。それらを充実させていくことは、Web業界において計り知れない価値を生み出すことだと思ってます。

ただ、その実現のために単には数を増やせばいいわけではない。クリエイターたちの気力を爆発させて1つ1つ丹精につくられるから意味があります。「とりあえず数だけ増やしておこう」っていうのは他が勝手にやるし、やっても世の中に資産も文化も育まない無意味な行為です。我々には我々しかできないことをやりたい。

サイトを運営したい人がTCDのラインナップを見て、「自分も作ってみようかな」「こんな活用ができるんだ」といったインスピレーションが得られる存在では今後もあり続けたいですよね。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。2007年に独立、会社を2社経営。
WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

競合他社に合わせた商品開発はつまらない

何の制限もなく、やりたいことをやる。作りたいものを作る。私たちはTCDとは常にこういう関わり方をしてきました。これが出来たことは自分の人生の中でも幸せなことだと思います。…

  • 225 view