1年空室だった賃貸物件に即入居者が入った話

  1. 商品力
  2. 142 view

私の所有している不動産物件で、賃貸に回して1年ほど空室だったものがあります。物件を見にくる人はいましたが、契約には至らなかったのです。

家賃が高いのかとも思いましたが、相場より少し安いくらいです。部屋をブチ抜くリフォームも加えた、雰囲気のいい部屋ですよ。

そこで、一度私も部屋を訪れてみたんですが、「暗かった」んですね。理由は照明器具をつけてなかったからです。ブレーカーを上げても、玄関やキッチンなどの備え付けの照明以外はつかない。昼間でもどうしても暗い感じだったわけです。

ということで、全部屋に1万円の照明器具をつけました。すると、なんと1人目の内覧で入居が決まったのです。

照明をつけたからと言って、物件の価値が上がるわけはありませんよね。でも、見せ方って重要ですね。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」が無料で使える

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最大の市場調査は顧客をよく知ること。

商品やサービスを改善していくには、自らが顧客を知ることが重要です。お客さんがどんな人でどういう経緯でその商品を買うのか、ということへの想像が精緻に行き届いてない人…