1年空室だった賃貸物件に即入居者が入った話

  1. 商品力
  2. 83 view

私の所有している不動産物件で、賃貸に回して1年ほど空室だったものがあります。物件を見にくる人はいましたが、契約には至らなかったのです。

家賃が高いのかとも思いましたが、相場より少し安いくらいです。部屋をブチ抜くリフォームも加えた、雰囲気のいい部屋ですよ。

そこで、一度私も部屋を訪れてみたんですが、「暗かった」んですね。理由は照明器具をつけてなかったからです。ブレーカーを上げても、玄関やキッチンなどの備え付けの照明以外はつかない。昼間でもどうしても暗い感じだったわけです。

ということで、全部屋に1万円の照明器具をつけました。すると、なんと1人目の内覧で入居が決まったのです。

照明をつけたからと言って、物件の価値が上がるわけはありませんよね。でも、見せ方って重要ですね。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスの代表。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

関連記事

予約の取れない会員制の店

奇をてらっただけで中身がない商売

最近東京方面で人気になっているという「予約の取れない会員制の飲食店」。お店によっては数ヶ月も予約が埋まっている店もあるようで、一部界隈ではそういう店にいつでも行けることが…

  • 1331 view

つくっている時間が楽しいからつくる

モノをつくるって楽しいんですよ。仮に周りから見て稚拙なモノをつくったとしても、自分が創意工夫して作るというのは楽しい。というより、楽しい、楽しくないという意識すら持たない…

  • 102 view