マトリックスという仮想空間は存在するか

  1. テクノロジー
  2. 66 view

久しぶりに映画「マトリックス」を見ました。見るたびに見方が変わる映画ですね。マトリックスというのは「子宮」を意味するラテン語から派生した言葉のようです。

舞台は2099年、人工知能が支配する世界が描かれています。人工知能が人間を支配しようとした動機は、人間は自然のバランスを破壊する「ウィルス」と同じ存在であると考えたからです。その為、人間は人工知能が活動する為に電力を生み出す為に培養液の中で栽培されるようになります。培養液の中では、一生マトリックスという仮想空間の中で夢を見ます。

ただ、すべての人間が培養液の中にいるわけではありません。真実の世界で生き、人工知能と戦う人たちがいるわけです。ザイオンの人々ですね。主人公のネオも仮想空間に生きていた人間の1人ですが、真実の世界があることに先に気づき戦っていたモーフィアスやトリニティらによって、マトリックスの世界から抜け出します。彼らは言います。マトリックスとは、「真実から遠ざけ、盲目にさせてきた世界」であると。

今わたしたちがいる世界は仮想空間ではない現実世界だと思いますが、この現実世界でもマトリックスの部分と真実の部分があるかもしれませんね。映画のように培養液に繋がれたわたしたち、がいるわけではありませんが、「真実から遠ざけ、盲目にさせてきた世界」がこの世であると考えることはできると思います。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

大阪生まれ。株式会社デザインプラス代表。WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

モノ払い

アプリ上で物々交換は成立するか

インターネット上の個人間取引で物々交換ができるアプリがあります。例えば、「モノ払い」というアプリ。これは個人間取引でも使えますが、クレジットカードやコンビニ決済の…

  • 29 view

資本主義の資本家と労働者の違い

資本主義の世界では、資本家と労働者の2つの階級(クラス)があると言われています。本稿では、資本家と労働者の性質の違いと実際にそうなのかという話を書きたいと思います。…

  • 109 view