アフィリエイトを始めた理由

  1. 経営・起業
  2. 130 view

アフィリエイトを始めたのは2006年。本格的に独立して始めたのは2008年。

なぜ、アフィリエイトを始めたのか。端的に理由は、自分一人でお金が稼げる仕組みに感動したから。

高校の頃から起業することは決めていました。ただ、何をやっていいか当時はわからなかったし、何をやるにしてもお金もかかる。だから、まずはお金と経験値を積もうと。

でも、アフィリエイトにはお金がかからない。初期投資がほとんどない。パソコンとネット環境、そして月々のレンタルサーバーやドメイン代だけ払えればそれで事足りる(当時は無料ブログでやっていたので、固定費もなし)。

当時起業すると言っても、ほとんど初期投資がかかるものばかりでした。今でもリアルビジネスはほとんどそうですよね。広告代理店とか、あるにはあるんですが、それでも広告を取り扱うにはツテは必要です。

そういう諸々のハードルもなく、誰でも家でできるという点に新しさを感じました。驚きに近かったですね。だから、即始めたんです。

ただ、誤算はありましたね。1つ目はお金。

初期投資・固定費不要と言っても生活費がかかる。半年ほどの無収入は想定してましたが、実際は食えるようになるまで2年です。間で単月で30万稼いだりはありましたが、次月10万、その次月は数万円という感じで、収入が全然安定しない。とうとう車も売り、資金も尽きた中でコンビニでバイトしたこともありました。

2つ目はメンタル。

やられましたね。お金がない、稼げない。ギリギリの状況。遊びなどもってのほか。という感じだったので食事と睡眠以外はずっと仕事です。25,26歳のこと。そうしてたら1年くらいで金メダルサイズの十円ハゲができました。円形脱毛症は人生で初めてのことだったのでびっくりして。「自分を大事にしないと」と思って、毎日散歩をするようにしました。これが転機になりましたね。

そして、ある程度アフィリエイトをやりきった頃に作っていたのがサイトテンプレートなんです。自作したテンプレートでサイト運営していた理由は、既存のテンプレートで良いものがなかったから。デザインはいいが、実用的でないもの。実用的だが、デザインが致命的なもの。今も変わっていません。だから、TCDを今も作り続けている理由になっている。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」を無料公開

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

大企業の無駄から見る日本企業の実態

日本の一般的な企業には無駄がたくさんあるわけです。特に大企業はその象徴だと思います。これまで聞いた話によるとこういうことはたいていの大企業に当てはまるようですね。…

リモートワークのメリット(企業側)

新型コロナウィルスで様々なイベントが中止される中、リモートワーク(テレワーク)を採用する企業も続々と出てきましたね。GMOや電通といった大企業が全社員在宅勤務としたり、こ…