サイゼリアガチャについて思うこと

  1. 商品力
  2. 1303 view

この記事のタイトルを見た時、「サイゼリア+ガチャ」の組み合わせがおもしろいと思ったと同時に、サイゼリアっぽくないなぁと一瞬感じたんですが、やはりガチャを作ったのはお店とはまったく無関係のプログラマーでした。

・いま話題の「サイゼリヤ1000円ガチャ」で出たメニューしか食べられない会を開催した
https://ch.togetter.com/2019/05/10/65720
・サイゼリヤ1000円ガチャをつくってみた(Heroku + Flask + LINEbot)
https://qiita.com/marusho_summers/items/a2d3681fac863734ec8a

「プログラマー初心者」がプログラミングを学ぶ材料として作ったとのことですが、私がこの件で思うのは、人がおもしろいと思うモノは本流からかけ離れた文脈から生まれることが多いことです。

「こんなのあったらおもしろい」という作り手の純粋な気持ちがユーザーを楽しませたり、驚かせたりするからでしょう。

では、モノづくりやビジネスの場で、純粋な気持ちを失うとどうなるか。たいていは商業主義に偏ることになります。情報収集したり、会議を繰り返したりしてアイデアをひねり出そうとする。目的はあくまでも売上を上げるためです。商業主義一辺倒の思想では、乏しい発想力の中でいかに奇をてらうかくらいの勝負しかできない。なぜなら、「こんなのあったらおもしろい」ではなく、「売れるか売れないか」「共感してもらえるかしてもらえないか」「お客さんはどう思うだろうか」という他者を基軸とした発想になるからです。

前者は提案なんですね。しかも、自分がまず第一に「おもしろい」と思っている。それが基軸にあるから、共感を得られた時には話題にもなるし、人気も出る。でも、後者は最初から共感を狙いに行っている。それはそれでニーズがあればそれなりに売上は上がるだろうけど、新しいものが生まれる余地はないわけです。

でも、商業主義の最も危険なことは、売れているうちはまだいいんです。でも、売れなくなったときはマーケティングの力に依存せざるを得なくなることです。先に述べたように奇をてらうことくらいしかやれることがないので、そうなると先は短いと思うんですね。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」が無料で使える

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

任天堂のモノづくりの凄さを語る

任天堂という会社はモノづくりの会社として本当すごいと思うんですね。私もファミコン世代なので任天堂にはリスペクトの気持ちがあるわけです。任天堂について語りだすと止まらないん…

厳しい環境下で生き抜く秘訣

コロナで様々な業種の売上に影響が出ています。ただ、同じ業態・地域でもあまり影響がないところ、大打撃を受けているところと千差万別です。コロナ前は予約がとれなかったの…

組織内のイエスマンをどう活用するか問題

一般的な組織にはピラミッド状の人間関係があり、各所に管理職やマネージャーと言われる人たちがいます。そして、権力の周りには「イエスマン」たちが集まってくるのが歴史の常です。…