お金を有益な投資に回せる人は優秀という話

  1. お金
  2. 92 view

国内企業の内部留保が過去最高という記事が出てました。

・日本企業の手元現金が過去最高-大半の国のGDP上回る506兆円超 – Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-03/PX7EDC6KLVR601

手元資金が増えていく理由はデフレで投資先が減っているからと世間では言われていますが、私は違うと思っています。投資先がないからお金が溜まる構造は確かにそうなのですが、「デフレだから」というのは関係ないですね。例えば、ソフトバンクのファンドの動きなんか見ていると、投資先が有りすぎてお金がいくらあっても足りないという感じじゃないですか。世界最大規模の10兆円ファンドですらそうなのですから、。

お金を有益な投資に使える人はすごく優秀なんですよ。投資はリスクが伴う。だから、動かせない。大企業の内部留保が年々増えているのも、単純に何にお金をかけたらいいか分からないからです。分からなければ無難に利益を計上しておく方が、株主からのお咎めもないし、社長の任期を無難に務められる。

これは企業に限らず、一個人にも当てはまります。上手に自分のやりたいことに投資できる人とそうでない人がいる。特にやりたいこともビジョンもないから節約をして、将来起きるかわからない不安に備える。結果として成長できない。一方で貯金はしないけれども、ギャンブルや見栄の為にお金を使い、手元に何も残らない人もいる。

どうやったらお金を増やせるか、に多くの人は注目しますが、お金を有益に使える方が実は重要です。お金を有益に使える人は自分のやりたいことが明確にあることが多いです。大きな夢がある人です。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。2007年に独立、会社を2社経営。
WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

お金を稼ぐ過程で知る楽しさ

10代20代の頃の私はお金を増やすことに夢中でした。自分ではこの理由を「お金が好きだったから」「お金持ちになりたかったから」ということで長い間片付けていたのですが、今はそ…

  • 92 view

超富裕層が生まれる構造

少し前こんな記事が話題になってました。記事によるとコロナウィルスによって格差が拡大したとのこと。何のこっちゃ分かりませんね。(CNN) 過去のおよそ3カ月間で、米…

  • 92 view

大人の小遣い制は今すぐ廃止しよう

結婚するとお小遣い制にする家庭が多いわけです。その額は30,000円〜40,000円/月の幅がもっとも多く、半数が昼食代込みとのことです。弁当持参の家庭なら平均30,00…

  • 72 view

「保険」について考えてみました。

生活に身近な保険についてのお話しです。保険は元々はギャンブルから派生したものだと言われています。大航海時代に航海の成功・失敗などに賭け、次第に保険の形が出来上がっていった…

  • 158 view