お金を有益な投資に回せる人は優秀という話

  1. お金
  2. 127 view

国内企業の内部留保が過去最高という記事が出てました。

・日本企業の手元現金が過去最高-大半の国のGDP上回る506兆円超 – Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-03/PX7EDC6KLVR601

手元資金が増えていく理由はデフレで投資先が減っているからと世間では言われていますが、私は違うと思っています。投資先がないからお金が溜まる構造は確かにそうなのですが、「デフレだから」というのは関係ないですね。例えば、ソフトバンクのファンドの動きなんか見ていると、投資先が有りすぎてお金がいくらあっても足りないという感じじゃないですか。世界最大規模の10兆円ファンドですらそうなのですから、。

お金を有益な投資に使える人はすごく優秀なんですよ。投資はリスクが伴う。だから、動かせない。大企業の内部留保が年々増えているのも、単純に何にお金をかけたらいいか分からないからです。分からなければ無難に利益を計上しておく方が、株主からのお咎めもないし、社長の任期を無難に務められる。

これは企業に限らず、一個人にも当てはまります。上手に自分のやりたいことに投資できる人とそうでない人がいる。特にやりたいこともビジョンもないから節約をして、将来起きるかわからない不安に備える。結果として成長できない。一方で貯金はしないけれども、ギャンブルや見栄の為にお金を使い、手元に何も残らない人もいる。

どうやったらお金を増やせるか、に多くの人は注目しますが、お金を有益に使える方が実は重要です。お金を有益に使える人は自分のやりたいことが明確にあることが多いです。大きな夢がある人です。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」が無料で使える

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスの代表。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

関連記事

お金が欲しいと言えない大人が増えている

お金って大切なものですよね。これって小学生でも分かることだと思うんですよ。子供にお年玉をあげると、すぐに中身を確認したりして飛び跳ねて喜ぶわけです。試しに「お金好きなの?…

  • 224 view

信用経済は本当に来るのか?

最近、巷でよく聞くようになった「評価経済」という言葉。「信用経済」とも言うらしいです。昨今流行っている「オンラインサロン」の先駆者でもある岡田斗司夫さんが恐らく最初に(?…

  • 1529 view

冬の時代にはキャッシュが活きてくる

企業の内部留保が近年問題になっていたわけです。大企業の多くは利益を溜め込むばかりで、投資もしないし関係者にも還元しない。だから社会に回るお金が少なくなって、デフレが収まら…

  • 71 view

超富裕層が生まれる構造

少し前こんな記事が話題になってました。記事によるとコロナウィルスによって格差が拡大したとのこと。何のこっちゃ分かりませんね。(CNN) 過去のおよそ3カ月間で、米…

  • 138 view

多くの人が知らない保険の本質

現代では多くの人が当然のように加入する保険。生命保険や医療保険、学資保険、車両保険など生活のいたる所に浸透しているわけです。また、法人においても節税型保険は利益の出ている…

  • 1717 view

自家用車は本当に「負債」か?

金持ち父さんに言わせれば、自分にお金を運んでくるものは資産、お金が逃げていくものは負債という定義です。そのため、自宅や車などは負債に当たるわけです。この発想は若い頃の私に…

  • 723 view

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。