自分の欠点や弱点を魅力に変える方法

  1. ライフスタイル
  2. 276 view

自分の欠点や弱点の中には、努力ではどうしようもないことがある。努力で改善可能だとしても自分の性に合ってないこともある。性に合ってないことで無理やりに矯正しようとすると自分に負荷がかかってしまうので、精神衛生上よくなかったりします。

そんな欠点を持っている時は、いっそのこと認めてしまった方が楽になることが多いわけです。例えば、ハゲているならそれを気にしているよりもハゲをネタにした方が面白いし、むしろそれが周りには自信に映り、魅力的に見えることもあるのです。要は欠点を持つ自分を受け入れる、流れに抵抗しないことです。なので、自分の弱点を知ることは武器や魅力をつくるきっかけにもなるというわけです。

でも、自分の欠点が受け入れられないこともある。その場合、改善する方向で動いた方がいいこともある。抵抗できるところまで抵抗するわけです。それで改善すればよし。でも、どうにもならないこともある。その時は素直に認めてしまうことです。認めるということは、ありのままの自分を受け入れたことになる。もし自分を受け入れられなければ、自分で自分を攻めることになるので、どこか自信のない自分になってしまうわけです。

私の感覚では若い頃は抵抗できるだけ抵抗してもいいですが、30代になったら認めていく方向にシフトした方がいいかなと思ってます。プライドの塊よりも自虐ネタで笑わせられる方が人間的に魅力があるからです。あくまで私の感覚ですけどね。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」を無料公開

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

読書

本はジャンルを問わず学びになる

本はジャンルを問わず、学びがある。色んなジャンルの本を読むことで、自分の世界や感覚の領域が広がるように思います。子供のころは漫画ばかり読んでいて、母にはよく「バカ…

結婚・離婚の動態調査

厚生労働省が発表する人口動態調査をもとに出生数、婚姻、離婚数の推移を表にしました。サイト上に掲示している1995年から制作しています。出生数と…

嫉妬がなぜ恐ろしいかという話

昨今SNSの存在によって至るところで「嫉妬」が可視化される時代になったと私は思っているわけですが、嫉妬によって没落していく人も多く目にするわけです。というわけで、現代の嫉…