タガメ女とカエル男から見る日本の結婚像

  1. ライフスタイル
  2. 122 view

田んぼに生息する昆虫のタガメと爬虫類のカエルは捕食関係にある。捕食者であるタガメは鋭い針をカエルを突き刺し、前足で締め付けることでカエルを逃げられないようにしながら血肉を吸い、最終的には骨と皮だけにして捨ててしまうという。そんなタガメを女、カエルと男に喩えた本がある。そして、これが日本の多くの結婚像を鋭く描いていておすすめです。

日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体 – 深尾 葉子

引用してみましょう。

女はガッチリと男を捕まえて、月一万円という小遣いで身動きがとれないようにし、チューチューと夫の収入と社会的なリソースを吸いつくす。男たちはといえば、最初はバタバタともがくも、やがて諦めたようにグッタリとして、ゆっくりと収入やリソースを吸い尽くされ、最後は骨と皮になって死んでいく。

もうちょっと引用してみましょうか。

「箍」にはめられることで、精神どころかサイフまで奪われてしまう。そんな男性たちに同情する方も多いかもしれませんが、以外にも当事者たちはそれに不満を感じていません。いや、正確には不満を感じていても、「これこそが幸せだ」と自分自身に言い聞かせているのです。これを私は「幸福の偽装工作」と呼んでいます。
ですから、必要以上に「幸福」をアピールします。周囲に家族を大切にしているかと聞かれたら「家族が一番だ」と即答し、その気持ちを忘れないように勤め先のデスク回りに家族の写真を飾ったり、持ち歩いたりするのです。その延長線上にあるのが、ブログやフェイスブックです。

これまで色んな人と関わってきましたが、上の言葉は怖いくらいに言い当てているところがある。男性側にはリソースを吸われている自覚がない場合が多いのですが、小遣い制だったり、奥さんの許可がないと自由に出かけることもできなかったり、服も独身時代のものを着ていたりと、日本の既婚男性はかなり不自由な生活をしているケースが多いんです。

小遣いが3万円とすると下手すると高校生より金持ってない状態です。後輩を飯に連れていってあげることもできないでしょう。あと、既婚男性と夕食に行くと奥さんの連絡をやたら気にしながらの人が多いわけです。チラチラ携帯を見だしたらその合図なので、夜9時にはお開きにしたりね。そういう狭い型にハマった男性が生きている間にどこまでの事業ができるかと言うと、やはり限界はすぐそこに見えてしまうわけです。

最終的には下の記事に書いたように「生きる屍」のようになっていくと思われます。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

大阪生まれ。株式会社デザインプラス代表。WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

自分はなぜ恵まれているのか

私は色んな意味で恵まれていると思います。今日はその理由を話したいと思います。私は元々科学的なことや証明できること以外はあまり信じないタイプでした。子供の頃に母に「…

  • 126 view

パンクであれ

20代の頃は鋭い切れ味と反骨心を持っていた起業家が、30代40代に入ると経済的にも立場的にも確立されていき、鋭かった言動も丸くなってしまう。そういう事例をたくさん目にして…

  • 71 view