迷い箸やめろ

  1. ワークスタイル
  2. 184 view

食事の時に料理の上でどれを食べようか迷う仕草を迷い箸(惑い箸)と言います。行儀が悪いって子供の頃はよく叱られましたよね。

で、これと似た例として武道の話になるんですけど、相手の顔面めがけて突きを入れるとするじゃないですか。突きを繰り出してから、ターゲットの顔面が動いたら、あなたならどうしますか。そのままの軌道で突くか突きの軌道を変えるかのどちらかになります。突きの軌道を変えちゃうとどうなるかというと、仮に当たっても痛くないんですね。威力が半減どころかほとんどなくなってしまう。だから、武道的に言えば、一度突きを繰り出したら途中で軌道を変えてはいけないのですが、迷い箸と同じ心境で変えてしまう人は多くいるものです。

ビジネスでも同じことが言えます。これが稼げるんじゃないか(楽しそうじゃないか)と始めてみたら、やっぱりあっちが気になって、次はそっちが気になってと、いつまでも迷い箸を繰り返す人がいる。でも、そうした中途半端な迷いは威力を半減させてしまうわけです。

一度突きを繰り出したらそのままの軌道で、つまり全力で当ててみる。で、効くのか効かないのか、通用するのかしないのか、通用するならどこまで通用するのかを見定める。中途半端に当てたって実のところ何も得られないわけで、やりきって初めて分かることがあるのです。だから、迷い箸をするかのごとく、ビジネスをするのはやめとけよという話です。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。2007年に独立、会社を2社経営。
WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

若い内に武器を身に着けておく

何歳になっても成長できるものだと思いますが、スタートは早いほうがいいものです。というより、今やっていることは若い内にやっていたことの延長だったりします。どういうこ…

  • 80 view

「没頭力」とは何か

よく「没頭する」とは言いますけど、これはいったいどういうことなのか。どういうレベルの集中を「没頭する」と呼べるのかという話です。没頭するとは、自我を忘れることです…

  • 881 view