まぐまぐの「10000部パック」広告を使ってみた感想

  1. メルマガ
  2. 360 view

QOREではまぐまぐでも約60000部のメールマガジン発行しています(追記:2019/02/15 配信停止となりました)。

まぐまぐにはこういった有料オプションサービスがあるわけですね。
メールマガジン読者獲得・運営支援 – まぐまぐ!

その中でも「読者獲得プレミアム – まぐまぐ!」の「短期間で10000部パック」というプランがあります。弊社はこの広告に3回申し込んだことがあります。

まず、この10000部コースのお値段は2018年11月現在で1,620,000円(税込)となっています。結構高い!掲載する企業も少ないでしょうし、ネット上でもレビューを見かけない、多くのまぐまぐ利用者にとっては気になる存在だと思います。笑 実際、弊社でも初めて広告を出そうとした時は気になって、ネット上のレビューを探したりしましたが、何の情報も得られないまま、申し込みすることになったわけです。なので、せっかく3回も10000部増加サービスを利用したわけです、あらここで効果をシェアしたいと思った次第です。

ただ、残念ながらまぐまぐのシステム上、詳細な効果測定が取れないんですね。なぜなら、既存リストと新規リストを分けてクリック数を測定することができないからです。ですから、感覚で捉えるしかないのですが、効果は微妙だと言わざるを得ませんでした。

なぜなら、10000部の読者は一旦は増えますが、ほとんどがすぐに解除されてしまうので結局1000部残ればいい方だからです。つまり、1リストあたり1620円。単価だけ見ると高いわけではありませんが、どこまで購買に繋がるか、読者の質を考えると厳しいと言わざるを得ません。

今回、弊社が3回も掲載したのは、1回では効果が分からなかったからということもありますが、節税という意味合いもあります。広告を出して利益が出てしまえば節税にはなりませんが、効果が不明な広告を試すのにこの利益分を消費するのは建設的な使い方です。広告は、初回掲載時はある意味バクチみたいなものだからです。

いずれにせよ、10000部パックを利用しても実質的な増加数はよくて1000程度なので、よく考えた方がよさそうです。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。2007年に独立、会社を2社経営。
WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

中田俊行

有料メルマガの流行と衰退を振り返る

昨今ネット有名人たちの収入源はオンラインサロンにシフトしていってますが、6〜8年ほど前は有料メルマガがブームだったわけです。ただ、最近は有料メルマガの話はあまり聞かれなく…

  • 439 view

なぜメルマガを13年間続けているのか

メルマガは古いメディアと思われがちです。確かに古いですよね。でも、Webマーケティングの分野では力があるメディアです。私がメルマガを続ける理由はたったそれだけです。…

  • 28 view

メルマガは優秀な営業部隊である

当社では創業時よりメルマガを発行しており、現時点での会員数は20万人以上になります。それゆえにメルマガの威力も知っており、メルマガとともに成長した企業でもあるわけです。…

  • 477 view

メルマガの購読解除は読まれている証拠

メルマガをやりだすと、読者の購読解除が気になり始めます。解除されることを恐れたり、落ち込んでしまったり。あるいは気をつかってしまい空気のようなメルマガを流すようになったり…

  • 627 view