メルマガは優秀な営業部隊である

  1. メルマガ
  2. 557 view

当社では創業時よりメルマガを発行しており、現時点での会員数は20万人以上になります。それゆえにメルマガの威力も知っており、メルマガとともに成長した企業でもあるわけです。

メルマガの特性として、1通のメルマガで会員全てに即時発行できることです。1,000部発行するのも100,000部のも手間は変わりません。発行者のブランディングが出来ていれば、高い反応を引き出すことも可能です。

実際、当社ではどれくらいの効果が出ているかというと、メルマガから上がる売上から計算するとおおよそ営業マン30人〜50人規模になります。これは当社の事例なので、会員数や商品ジャンル、価格帯、あるいは発行年数や発行者の認知度によっても変わってきます。

1つ言えるのは、当社のような従業員数20名以下の企業でこれだけの成果はインパクトが大きいということです。メルマガが止められない理由がお分かり頂けるかと思います。もし、当社がメルマガを発行せずに今の売上を保とうとすれば、現時点でも50人は雇わないといけないという計算になりますからね。それは大変な話です。

メルマガは一朝一夕で成果が出るものではありません。私の方でも日刊で10年以上メルマガを発行し続けてきたのもありますし、常にフレッシュな読者を入れる為のルート作りにも力を入れています。それだけの手間とコストと情熱をかけてはじめて成立するものでもある。ただ、それでもこれから時代、ライバルを出し抜くのであればメルマガは欠かせないツールです。これはスモールビジネスに限らず、企業も同じことです。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」が無料で使える

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

関連記事

中田俊行

有料メルマガの流行と衰退を振り返る

昨今ネット有名人たちの収入源はオンラインサロンにシフトしていってますが、6〜8年ほど前は有料メルマガがブームだったわけです。ただ、最近は有料メルマガの話はあまり聞かれなく…

  • 883 view
QORE

まぐまぐで読者を増やすのが難しい理由

まぐまぐは初心者には向いていないメルマガ配信スタンドです。なぜなら、読者を増やすことが限りなく難しいからです。要因はシステムにあります。詳細を解説しましょう。ステ…

  • 1019 view

広告にお金をかけられる企業は生き残る

広告への投資額は黒字なら大量に投入できるし、赤字なら打てない。単純な仕組みです。そして、メディアと商品の属性がマッチしている広告ほどたくさん掲載できるし、属性が離…

  • 124 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。