メルマガは何を書けばいいのか

  1. メルマガ
  2. 506 view

メルマガが強烈なことはわかった。でも、何を書いたらいいか分からないという人がいます。答えはシンプルです。自分が伝えたいことを書けばいい

私は不思議なんですよね。メルマガを商品販売に活用した方がいいことがわかっているのに、書くことがないだなんて。その商品やサービスは自分が自信をもって提案したいもののはず。であれば、相手に伝えたいメッセージは出てこないものでしょうか。

雑学や小噺の部類の内容だっていいし、啓発するメッセージでもいい。情熱をもってやっている仕事なら、顧客に何かしら伝えたいことがあるはず。もしないなら今すぐ仕事を変えた方がいい。情熱がないならその仕事があなたに向いていないからです。

また、メルマガは企業が主体として発行するものほどつまらないものはないと思ってます。なぜ企業が発行するとつまらなくなるかというと、機械的なんですよね。お知らせや宣伝とかメディアの更新情報がどうでもいい挨拶と共に流れてくるだけ。人が発行しているように思えない。それだったら自動化したスパムメールとクオリティは変わりません。現に楽天とかまぐまぐが発行するメルマガなんてどれだけクリックされていくら売上が上がるかという確率問題しか意識してなくて、読者を楽しませようという気なんてさらさらないでしょう?

メルマガで重要なのは属人性です。何を発行するかも大事ですが、誰が発行するかの方が重要です。企業メルマガであっても、企業を主体とするのではなく、配信者自身を主体とするのが基本です。メルマガを配信する人が、その企業を代表するつもりで書いていいわけです。というか、それが出来なければ、どこにでもあるようなスパムメールと同じになってしまう。

メディアの属人性が強くなると、商品のブランドイメージにも影響しないかって?影響していいんです。但し、属人化したそのキャラがブランドイメージを体現したような人であることが条件です。だから、メルマガは外注したってうまくいかないし、バイトにやらせたってうまくいかない。その商品のことをよく分かっている人でないといけないし、前提として自分の仕事に誇りを持っている人でないと読者を楽しませることなんてできない。だから、「誰が発行するか」なんです。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。2007年に独立、会社を2社経営。
WordPressテーマTCD・フォトストックサービス「マルシェ」シリーズなどを運営。

記事一覧

関連記事

ステップメールの最適な配信設定数とは

ステップメールとは、読者登録日から起算してあらかじめ決められた日時で自動で配信されるメールのことです。例えば、読者登録直後に1通目、1日後の18時に2通目、3日後の10時…

  • 61 view

メルマガの読者増加に役立つ6つの媒体

メルマガの読者を集めるための媒体は色々あります。購読者数20万部を超えるメルマガを運営する私が実際にやっている読者増加方法ですので、よろしければご参考下さい。ラン…

  • 1769 view

なぜメルマガを13年間続けているのか

メルマガは古いメディアと思われがちです。確かに古いですよね。でも、Webマーケティングの分野では力があるメディアです。私がメルマガを続ける理由はたったそれだけです。…

  • 25 view