比較対象を他人ではなく1年前の自分にする

  1. ワークスタイル
  2. 485 view

他人と自分を比較することほど無駄なことはありませんが、昔の自分と比較してどうなのかをたまに振り返ることは有益です。そして、1年は短いようで長い。1年間で色んなことを形として残せるし、変化するし、成長もする。そう考えると、1年前の自分を振り返ってみて、明らかに成長を感じるならよし、あまり変わってない気がするなら今の自分を見つめ直す良い機会でしょう。

別に変わってなかったからと言って焦りを感じることはありません。ただ、昔の自分との対比の中から今の自分の生き方の姿勢がどうなのかを見極める1つの材料になるという話です。その材料をどう活かすかは自分次第。このままでいいというのも生き方の選択のひとつです。ただ、人間は成長することで喜びを感じる生き物でもある。悶々としながら指をくわえたままなら、魂は浮かばれないでしょう。

ちなみに1年の5倍の5年だったらどうなのか。これはもう5年前には今の自分がまったく予想できないほど劇的に変化させることができる。もし、そうなっていれば充実した毎日を送っていることでしょう。このように成長というのは他人と比較するよりも昔の自分と比較した方が自分にとって必要な成長に繋がるし、精神衛生上もいいという話です。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスの代表。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

関連記事

量は質を凌駕する

仕事の「質」を高めるには先に「量」が必要です。「量」が「質」を形作るからです。例えば、水泳を上達させたいなら、まずはひたすら泳ぐ。溺れかけの状態で、水の抵抗を減ら…

  • 287 view

体系的な学習と実践的な独学か

学習には、体系的な学習と実践的な独学の2パターンがあります。体系的な学習とは専門学校やオンラインスクールなどで決められた手順通りに学ぶもの。実践的な独学とは実際に行動に移…

  • 2885 view