クリエイター35歳限界説は存在するのか

  1. ワークスタイル
  2. 469 view

クリエイターに限らず、「35歳限界説」が色んな業種で言われています。でも、「35歳限界説」は本当に存在するのでしょうか。TCDのクリエイターを見ていると、35歳を過ぎているのに年々進化している。そういった実例を見ると「35歳限界説」などあり得ないと思うわけです。

でも、確かに30代に入ると成長が鈍化したり、ピタッと止まってしまう人も現実には多い。なぜそんなことが起こるのかと言うと、大きな要因としては自分に限界を作りたがるというところでしょう。代表的なのは年齢なのですが。30歳くらいで頭打ちするようになり、そこから多少足掻きはするが限界と諦めが入るのが35歳と。実際にそういう人は多いですね。

本人は限界線を引いているつもりはないんでしょうけど、後ろ向きな姿勢がそうさせるのだと思います。早くも角がとれて丸くなり、守りに入るのです。守りに入ったら最後、守れないんですね。どんどん後退し、フェードアウトを余儀なくさせられる。30代で後退していくとは、本当に恐ろしい話ですよ。

現実には年齢など関係ないし、どこまでも進化していけると思っています。私も36歳になりますが、年々進化している実感は未だにあるし、限界ラインはまだ見えてきません。むしろ、30代は爆発的な成長を遂げられる年代だとも思っています。でも、40代50代になっても死ぬまで現役という精神ですよね、大事なのは。その方が人生楽しいじゃないですか。

TCDシリーズの原点とも言える
WordPressテーマ「BlogPress」を無料で公開

WordPressテーマをゲットする
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスの代表。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

関連記事

年齢を重ねるほど諦めが早くなる

年齢を重ねた人ほど、諦めるのが早く、粘りがないわけです。だけど、これは一概にすべての人に当てはまるわけではありません。人によって結果は分かれるわけです。ただ、傾向として年…

  • 370 view

生涯学習は人生の喜びを充実させる

マツコロイドなどで有名な阪大教授の石黒浩さんというロボットの研究者がいるのですが、その人が著書の中で人間が受けるべき教育期間は30歳くらいに延長すべきであると述べているん…

  • 68 view

量は質を凌駕する

仕事の「質」を高めるには先に「量」が必要です。「量」が「質」を形作るからです。例えば、水泳を上達させたいなら、まずはひたすら泳ぐ。溺れかけの状態で、水の抵抗を減ら…

  • 287 view