勢いのあるところに目を向けよう。

  1. ライフスタイル
  2. 160 view

コロナウィルスによる昨今の自粛ムードで暗い気持ちになっている人も多いと思います。失業といった直接的な打撃を受けている人ならまだしも大きな影響がない人まで暗くなっているわけですよね。

それも分かります。街に出ればゴーストタウンですし、旅行や娯楽もなかなかやりにくくなっている。マスメディアはシャワーのように暗いニュースを垂れ流すだけでいつ収束するのか分からない状況ですしね。

こういう状況だと自分が気づかない内にネガティブな気分に侵食されがちなわけです。

そうするとどうなるか。脳も活性化しませんし活動も鈍ってきます。今から言っておきますと、この時期の活動の鈍りは後々にボディブローのように効いてきます。確実に。だから思うんですよね。もっと光が指しているところに目を向けようと。

例えば、昨日のメルマガでも少し触れましたが、インターネット化が急激に進んでいる現状があります。今日Googleの担当者とも話していたんですけどEコマースとネット広告の成長が著しいわけです。巣ごもりしたらみんなネットを見る時間が増えるわけです。ネットでの買い物も増えるし、広告も見る。

未だ日本のEコマース化率は6%台と欧米や中国に随分遅れているんですよね。でも、これが一気に二桁台に乗るのではないかとも言われている。小売の大手もネット通販の売上を伸ばす方向へシフトしている流れからもわかるでしょう。

ゴーストタウンの街が表側とすればインターネットは裏側です。
裏側では大きなうねりが起きている。そのことは知っておいたほうが良いでしょう。

でも、大半の人は表側のネガティブに侵食されていくので精神的にも経済的にも衰退へと向かっていく。ポジティブなところに目を向けられるかどうか。これは大事なことです。そうすればワクワクできるし、自分が何をやりたいかも見えてきます。

有料で販売予定だった
WordPressテーマ「Rebirth」を無料公開

ダウンロード
中田俊行

1982年大阪生まれ。株式会社デザインプラスという会社を経営しています。
WordPressテーマTCDを運営したり、ブログやメルマガを書いたりしてます。

記事一覧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

焦らずなるべく自然に任せて生きる

20代30代前半くらいの人と話していて思うのは、今の現状に焦っている人が多いということですね。「焦り」と言っても色々あるので、焦りが良い方向に行けばいいのですが、そうでは…

パンクであれ

20代の頃は鋭い切れ味と反骨心を持っていた起業家が、30代40代に入ると経済的にも立場的にも確立されていき、鋭かった言動も丸くなってしまう。そういう事例をたくさん目にして…

人と同じことをすると損する法則

人と同じ生き方をすると損することが多いわけです。分かりやすいのが通勤ラッシュ。みんなが同じ時間に乗車するから混む。混むとしんどいからストレスも溜まる。同じ区間で電車を利用…

生涯現役

心が輝いていれば、いつも青春。多くの人は「生涯現役」でいられることを忘れています。「プログラマー35歳限界説」もそう。年齢の数字が上がるほど、挑戦すること…